沙羅子

1/1/286 16-08-03 水 05:23:18 

<256>で私が感じた高揚感が「本当の私」のものならば、本当の私はコノ世の俗世的幸せや不幸ではなく、アノ世での幸せの価値観を心の奥で知っていたということだろうか?
先祖供養することや神様への畏敬を思い出すことや、生きるという経験をさせてもらうことをただただ有り難がること、それがアノ世では誰もが分かっている本当の幸せの価値観なんだろうか。