沙羅子 7QRlBCMFkPg

1/1/301 16-08-03 水 19:47:09 

でもここのサイトに関わってから、あんなに肯定していた孤独を推奨するような言葉に、逆に「そ、そ、そんな〜」と感じるようになってしまった。
「なんか淋しい…、なんか冷たい…」と。
これって皮肉なことなのかな?
それとも私は、良い人間関係が欲しいという本心を塞いだ状態で、「私は孤独が好きなので!」とツッパった、あるいはスネたうえでの孤独好きではなく、人間と心を通じさせることに憧れを持ちながらも、真の「それでも私は独り、主体はあくまで私だけである」という人生を生きて行くことが大事だったのだろうか?
孤高に生きるとはそういうことであると知りたかったのだろうか。