2015年05月28日

在日は住民登録に及び腰

在日は住民登録に及び腰
安倍内閣の施策についての評価は立場が違うと天地の差があります。
本来、日本という国がベースにあれば意見の違いですむものが外国勢力の傀儡のようなものになってしまうと事態は深刻です。

韓国に乗っ取られる寸前であった日本は立て直しにはまだまだ時間がかかります。
ネット上で在日と五分となったのはつい最近のことなのです。

力関係において、マスコミが朝鮮系に握られているかぎり日本再生の方策は限定されます。
その中で安倍さんは知恵を振り絞っていますね。


当ブログでは、その各施策について真の狙いと背景及び影響を記述していますが、そのような報道をマスコミはスルーしていますし、サイトを見てもこのようなブログは見あたりません。
安倍さんの施策は日本再生であり、当ブログの方向がたまたま一致しているため安倍応援ブログか?なんて書き込みまであるようですが、Q&Aで述べましたようにまったく関係はありません。
念のため。


時事日記Q&Aにおいて安倍さんの施策の背景と狙いについて記述いたしましたところ外患罪、通名、在日駆逐方法等、時間のかかりすぎ、本当にやる気があるのかといった疑心暗鬼の書き込みが引用サイトに目立ちはじめておりました。

ところが9日出稿の時事日記Q&Aの後、12日の2chに在日の悲鳴記事がアップされておりました。
転載禁止とあったため残念ながら掲載できませんが、必要箇所を参考にさせていただきたいと思います。
元記事のURは以下のとおりです。
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=74867&thread=04
2007年にはいり、第一次安倍内閣の時に在日朝鮮人総合対策の検討が始まりました。
その中の一つに、外国人登録法の改正がありました。
表向きはカード化の利便性と、住民登録による社会生活サービスの充実をうたっていましたが、狙いはまさに在日駆逐でした。

安倍内閣から福田、麻生内閣となって2009年7月、自民党政権下、政権交代1月前というぎりぎりの段階で外国人登録法改正案は成立しました。

2012年7月導入。
2015年7月までの登録で現在は周知みなし期間となっています。

これと並行して2012年11月民主党野田政権のもとで国外財産調書法がこっそり制定されました。
これは2014年末から罰則をもって施行されます。
また2013年2月に韓国では住民登録法が制定され12月施行されました。
在日諸氏、後は義務化された登録カードのへの切り替えと、日本への住民登録だけです。
ところがこの段階で在日社会に異変が起きました。

やっとこの住民登録が安倍さんの罠だと気がついたのです。

しかしここまでくるともう身動きできません。
韓国本国は、住民登録による在日管理と数兆円にも上る在日資産によだれを流しているのです。
しかし登録しないでカードが失効すれば永住許可取り消し強制送還です。  


通名、在日特権についての縛りが間違いなくきつくなりましたが、日本側からはその影響があまりよくわかりませんでした。
ところが、昨日、在日側からの情報で状況がわかってきました。


幼少期から通名だけで生活してきた第3世代永住者にとって永住者カードに記載されるのはアルファベットと本名だけで通名はありません。
これには猛烈な違和感があるようです。

永住者カードに通名が記載されないことに対し、東京23区の実務者らが、特別永住者への配慮として通名の記載を認めるよう、新制度施行前に法務省へ働きかけていたそうですが、この人達日本人なんでしょうか。  

また在日のある行政書士が永住者カードの通名記載について国に配慮を求めたところ、「なぜ人の名前が2つも3つもあるのかと一刀両断された。約50年に及ぶ外国人登録の歴史が変わってしまった」と語ったそうです。


法務省の平成25年版出入国管理によると2012年末現在で日本に滞在する中長期在留者約203万人のうち、在留カードの交付件数は約64万件。また、特別永住者数は約38万人でした。
このうち永住者カードの交付件数は約1万2000件で、対象者の3%強に過ぎません。
永住者の多い新宿区でも16%程度だそうです。  

法務省によると、2013年末現在では、一般永住者の63%にあたる約41万人、特別永住者の8%にあたる約3万人が切り替え済みだということです。


衆知みなし期間の3年が半分過ぎてのこの登録率はどう考えても異常で、進むも退くも地獄の事態に躊躇、及び腰になっているのでしょう。
在日の悲鳴が聞こえてきますね。


...... 以下は参照ファイルです。「時事日記Q&A」  

(中略)
わかりやすいのが法改正です。

2010年韓国は国籍法、兵役法を改正しました。
実質在日騙しの棄民法なのですが当ブログではこう記述しました。

「オフレコ情報だが韓国はこれまで送還や帰国を拒否してきたヤクザや犯罪者の国籍復帰を認めるようだ。」

この記事の時点では韓国の改正点はすべてわかっておりましたし、その狙いもはっきりしておりました。大統領令の権限強化が在日韓国人動員法であることはわかっていたのです。
しかし肝心な在日韓国人には国籍喪失者や実質棄民犯罪者も大統領令1発で動員可能な法律改正であることを告知しておりませんでした。

ならばわざわざ教えてやることもないだろうということでぼかしにいたしました。
その後のことはブログをどうぞ。  

推測や憶測記事と誤解される表現「だろう」に惑わされる可能性はありますね。
特に確実、必然的に起こる事象に時間差がある場合とか目に見えない場合がそうです。

韓国で住民登録法が施行され、日本では改正されました。
日本では2015年までの登録、韓国では2015年から登録。
不思議な一致!
日本からの韓国人データの丸パクリが見え見えの狙いですね。

また外国人登録法改正により通名の使用が不自由となります。
永住者カードに通名は記載されないからです。
つまり証明書には使えなくなります。
たとえば免許証の更新を例にとりますと、外国人登録証明書を在日永住者カードに切り換えて住民登録してからの更新となります。
しかし通名の免許証は住民票記載事実と異なるためそこで初めて更新不可ということが起こります。
現実には住民票の法的な確認、認証等を通じて更新は可能でしょうが、少なくとも通名は不可、本名での発行となるでしょう。
先般取り上げましたタクシー運転手の乗務員証明書も運転手の免許証に基づいて発行されるそうですから更新には時間差があるのです。
この時間差の中で、まさに有事を仮定した場合、通名によって必然的に起こりうるテロゲリラの危険性の警鐘は単に仮定の問題と一括りはできないでしょう。


ひとつ実際に必要な場合を想定してみましょう。

今回の改正で在日永住者カードに通名は記載されません。
よってカードでは、過去において通名で発行された証書類、たとえば卒業証書や資格検定証明書等は本人と確認できませんので最低、住民票の添付が必要です。
就職の際、永住者カードが使えず、住民票添付が必要となれば実質通名など意味がなくなります。

永住者カードオンリーの留学書類は証明不可能となるでしょう。
また2015年には戦時統制権が移譲されます。
今のところ米韓相互防衛条約についての破棄通告はないようですが、米軍が韓国軍の指揮下に入ることはまずあり得ないでしょうから、形はどうあれ実質終了でしょう。
国連軍司令部も日本の横田基地に移ります。
ソウルには連合司令部事務所だけが残るという話です。

(中略)

また2015年中には米軍総撤退。韓国は見捨てられました。

米軍撤退後は北朝鮮問題だけではなく、日本との竹島問題は押さえがなくなるだけに衝突の懸念材料となりますね。

この対策に国籍法、兵役法改正。そして住民登録法を制定し2015年からの施行が確定しました。
日本の外国人登録法改正と住民登録制度の完了を待っての始動ですから、在日韓国人の所在動向を把握してから、2015年中に動員法の改正を狙っているのでしょう。

なぜ改正が必要かといいますと、大韓民国憲法ではすでに....

(第38条)全ての国民は法律が定めるところにより納税の義務を負う。
(第39条)全ての国民は法律が定めるところにより国防の義務を負う。

....という規定があるのですが、納税や国防の義務対象がただ国民とあるので、これでは老若男女の区別なく赤ちゃんまでが含まれます。

少なくとも年齢の規定は必要でしょう。

棄民法ですから改正せず動員?まさか....。
Q....安倍さんは頼りになるでしょうか....。

A.... このブログのQ&Aとしてはこの質問はどうなのかと思うのですが、とりあえず安倍さんの取り組んでいる問題と重なっているものについてお答えいたします。

まず中国対策ですが、習近平体制ができる前から胡錦涛派が圧倒的多数になることが確定していましたから、経済優先の団派では日中開戦はあり得ず、また太子党周近平は薄失脚に加担として最大の瀋陽軍区から距離をおかれたため一発逆転が消滅。安倍さんには楽な展開となりました。
今もあしらっているだけですね。  

韓国対策はまず本国は放置です。
スワップ含めて関わらずという姿勢で大正解ですね。
国内在日対策は、反日日本人をあわせた一網打尽を狙ってます。項目別にみてみます。


....外患罪

韓国事案では外患誘致罪の告発要件は満たされています。
河野、若宮、村山あたりが該当しますが何もしませんね。
なぜか?
時間かけて大騒ぎしてねずみの2,3匹じゃつまりません。
もし日韓開戦となれば、戦時国内法の整備で一気に反日勢力の大量駆逐ができます。
この場合は中国事案も対象となるからです。


....通名

もう廃止しろという声が高まっているにもかかわらず一見何もしておりません。
しかし放置の場合は実は有事にテロゲリラ処理ができます。
これが一番簡単です。

一方で住民票登録に際しての通名、本名の併記を在留者カード、永住者カードでは本名のみに変更しました。したがって今後、通名で受けた証書類は永住者カードでは確認証明ができません。 
免許証も通名での発行はできなくなります。
正面きって通名廃止なんてやったら大騒ぎするでしょうがこの方法では少し時間がかかりますが静かで確実に通名はなくなります。


 ....在日朝鮮人駆逐対策

韓国は2010年、2011年と国籍法、兵役法を改正しました。
大統領令権限強化による戦時動員法ですね。
中身は在日棄民法です。
日本の癌である在日の処理は永住許可取り消しと送還という二つの大問題を処理しなければなりませんが現状では不可能です。

そこで安倍さんは総理就任早々、韓国に餌をまきました。
瞬間、韓国は食いつきました。
それが住民登録法です。
日本の外国人登録法改正にあわせて住民登録が義務化されました。
これにより従来韓国が把握しきれなかった移動と国籍が確定することになりました。

日本は国籍が韓国であろうが,北朝鮮であろうがどうでもよかったのですが彼らは都合によって国籍まで使い分けていたのです。
そのデーターを欲しければあげるよと囁いたのです。 

韓国は二ヶ月もたたないうちに韓国住民登録法を成立させ、20131220施行しました。
安倍さんの狙いは在日の処理を韓国に任せることによる一掃にありました。
日本側は2015年までの登録。韓国は2015年からの登録です。うまくできてますね。

韓国が日本からデーターをもらうことによるメリットは二つあります。
一つは登録するという脅し、もうひとつは国籍喪失者にも韓国籍を復活付与し動員するという脅しを手に入れることができることです。

ここに兵役法つまり徴兵は関係しません。
本人の意志に関係なく、結果として韓国に住民登録されるということは難民扱いである在日永住許可取り消しとなります。
動員は軍属として扱われ強制送還対象となります。
韓国はこれをどう使うか。在日は進退窮まりました。

安倍さんは在日の自滅スタイルを作ったのです。


記事検索
お知らせ
2015/6/17
スマートフォンのデザインを修正しました(タグクラウド削除)。

2015/6/7
全記事アップしました。

2015/6/5
「かず二世」様稿までアップしました。引き続き「三代目」様稿のアップにとりかかります。

2015/6/3
2014年までの記事を全てアップしました。

2015/6/2
テロ法案3点セットの可決成立事案「テロ関係三法+1」までアップしました。

2015/5/30
「かず二世」による「遺稿プロジェクト終了」までアップしました。

2015/5/29
タグは現在150以上ありますが、仕様でサイドメニュー(PC)には最大100個しか表示されません。全記事アップ後にタグ整理いたします。


2015/5/27
初代「かず先生」稿までアップしました。引き続き二代目「かず二世」様稿のアップにとりかかります。今しばらくおまちください。