2015年05月29日

中国軍事委員会対日開戦議論(遺稿記事)

中国軍事委員会対日開戦議論(遺稿記事)

先般「驚きの中国軍事委員会」を記述の際、記事の内容がわからず、カットした部分がありました。
今回はこれをアップします。

日本関連の記事で、2013年3月以降2回の軍事委員会の最初の会でのやりとりだと思いますがテープを起こしたようです。
陸、海、空、第2砲兵の議論です。(中略)
第2砲兵とは戦略核ミサイル部隊のことです。
他の三軍と独立しています。
語句の解説は注として記事末に記述してあります。


....第2砲兵
現時点では日本側に戦争に対する準備行為はほとんど見られない。
我々としては、この機会に奇襲攻撃をかけて日本を屈服させるべきだと考える。
現状、来月5月打ち上げを含めてすでに7基の北斗と韓国から購入のムグンファだけで完璧なミサイル攻撃が可能である。

北斗の測定誤差は約30m程度だが、攻撃目標の識別には充分だ。
米軍を除いた日本軍基地と東京、大阪以外の都市攻撃の飽和攻撃により日本は1日もたずに屈服するであろう。
この選択攻撃に対し、米軍は核のリスクをおかしてまで日本を助けることはない。
....陸軍
何らかの大義名分がないと奇襲は難しいのではないか。
それにミサイル攻撃の後はどうするんだ。
....第2砲兵
真珠湾攻撃をした日本に、文句を言われる筋合いはない。
力と結果がすべてだ。ミサイル攻撃の後は別に侵攻の必要はないだろう。
核攻撃のスタイルを見せているだけですべては中国の勝利に終わる。
....陸軍
それではローカルの空軍基地は叩けるかもしれないが、米軍と日本自衛隊のほとんど、特に海上自衛隊は無傷だ。
ミサイル攻撃だけで日本が屈服するとはとうてい思えない。
日本本土に上陸侵攻は絶対に必要である。
もしそれができないようであれば作戦そのものを放棄すべきだと思うが。
....空軍
制海権と制空権なくして勝利はあり得ない。
日本が何の抵抗もしないで屈服するわけがない。
世界の一流国と戦ってきた国を侮っては、それこそ大変なことになる。
国民性からいって、もし我々がそのような攻撃を仕掛けたなら、即、一致団結し、平和憲法などかなぐり捨てて核武装に走るだろう。
日本国内の反対勢力など一瞬で粛正される。
後は地獄だ。
スクランブルにおける自衛隊の対応からみると彼らのレーダーは我々より遙かに高性能だ。
ミサイルは飽和攻撃ということだが、対空能力については充分検討しているのか。
....第2砲兵
1000発のミサイル飽和攻撃に対応は不可能だ。
日本など恐れるに足らずだ。
....海軍
韓国から日本の軍事機密が提供されている。

約2年にわたって分析しているが驚異的な防御能力である。

日本列島周辺はもとより、我が国のすぐ近くまでケーブルセンサーで覆われている。
本線ケーブルからの支線を疑って半年ばかり周辺を底引き調査したが、すでに支線は情報解析によるとノンケーブルになっているようだ。
海中通信も我々の想像をこえている。機雷敷設状況はわからないが、すでにかなりの量が敷設してあって、スイッチオン態勢にある可能性はかなり高い。

我が潜水艦隊は、列島線突破作戦によって日本の能力を探ってきたが、残念ながらすべての作戦において完璧に探知追尾されている。
一方、我々の潜水艦は日本の潜水艦を全く探知できない。
静粛性において全く歯が立たない。
原潜など論外だ。

当初、解決策として南シナ海深部における待機作戦を検討していたが、ここも網の中に入っていることが判明した。
対潜水艦については、我々の潜水艦は日本潜水艦に対して対抗能力がゼロであるといってもいい。
東シナ海のような浅い海域においては魚雷戦もありうるが深度300mをこえると、もはや対応する潜水艦を保有していないし、また対応する深深度攻撃魚雷も保有していない。

日中戦争においては残念ながら潜水艦の戦力は全く期待ができない。

2013年から配備といわれるP−1哨戒機についても詳細に分析しているが、この能力はまさに中国軍の天敵と言ってもいい凄まじさだ。(P−1については略。検証座談会でどうぞ)
....空軍
中国空軍は空自に比べると圧倒的に数が多い。
しかしその能力となるとはっきり言って侵攻能力はゼロに等しい。
平和時には誇大表示や誇大宣伝はそれなりに結構だとは思うが、現状では話にならない。
海軍と同様空軍も日中開戦は現状不可能、夢物語だと考える。

ミサイル飽和攻撃のあとは核の恫喝で日本は屈服するといわれるが、いいかげんな形は米の攻撃を招くのではないか。
そもそも米に対する大陸間弾道ミサイルは瞬時に発射できるのか。
固定基地、移動基地の態勢は万全なのかを聞きたい。
....第2砲兵
言われるまでもなく態勢は完璧である。
....陸軍
陸軍の保有する短距離ミサイルはすべて固体燃料であるが、核ミサイル、特に米に対する長距離弾道弾は従前の液体燃料からすべて固体燃料への切り替えが完了しているのか。

中国の核はすべて監視されているのは疑いもない事実であって、米の監視衛星の解像度は数十?のレベルである。
また各種のセンサーが組み合わされており実質秘匿は不可能だ。
四川省地震における核施設の被害状況の衛星写真は10分の1の精度であるという。
しかしその解像度は驚愕の鮮明さである。

核の恫喝を意図した基地の動きは米の先制攻撃を招きかねない危険行為だ。
陸軍としては通常兵器による戦争については世界中どの国に対しても自信があるが、核戦争は次元が違う。
ミサイルの先制飽和攻撃と言われるが、数百に及ぶ発射準備が完全に秘匿できるものではない。逆に先制攻撃を受ける可能性を生じさせる。
米の原潜の約1000発の核ミサイルは報復攻撃による抑止を目的としているが、この場合には先制攻撃に使用される可能性があるということだ。
この場合、中国の核基地は即、全滅するであろう。
かろうじて移動ミサイルの数発の報復攻撃が可能なレベルで戦争は終了だ。
中国は確実に崩壊してしまう。
日中戦争は限りなく低レベルの米を巻き込まない限定的抑止戦争でなければならないと考える。
....第2砲兵
そのあたりの対応は政治レベルの問題だ。
固体燃料の問題は現在、鋭意研究中で数年中には切り替えが可能となるだろう。
....海軍
軍事GPSについては米空母対策もあって海軍ではそれなりに研究しているところだが、他方で取り組んでいる北斗システム以外はほとんど進んでいないようだ。
特にガリレオについてはウクライナ、韓国等を組み込んで力を入れているが成果が上がっていない。このままでは韓国も北斗に入れるしかないだろう。

担当研究部署では、中国独自の北斗については2020年頃までには現行の約25mといわれる測定誤差を10m程度までにはあげたいということだが、打ち上げ数の拡大は当然として、これでは軍事利用できるのだろうか疑問符がつく。

GPSに限って言えば、日本では民間のカーナビでも10mは実現し運用されている。
自衛隊の軍事情報では誤差1?の軍事衛星が実質完成しているという。
現在の中国との差がどんどん開いていく。
数年後は精度の差が2000倍以上となる。これで戦争などできるか。
....空軍
中途半端な開戦は絶対に避けるべきだ。
日本は平和憲法をもちながら実態は世界でも屈指の軍を保有している。
非核三原則と言いながら米軍の核持ち込みを黙認している。
日本国内で約8000?、英仏に処理済み約45000?のプルトニウムを保有し、この量は世界1である。
現状、日本国内保有分だけで1000発の核弾頭が製造できる量だ。米の方針は最近大きく変化して、日本の核保有を容認するレベルまできている。現状、日本が独自に開発保有することは認めないが、米から核弾頭を購入という形であれば黙認というところまできている。中国が唯一日本より優位であるのが核弾頭である。しかし、これは技術のレベルの優位ではなく、有無の問題であり、日本がその気になれば半年もたたないうちに崩れてしまう砂上の楼閣である。我々は現実を直視しなければならない。
....?
この場は軍事委員会であるが当然のことながら政軍を議論している。
今、冒険が必要かどうかをバランスをとった冷徹な視線で見る必要がある。
ここ十数年の我が国の発展は経済的にも軍事的にも目をみはるものがある。
しかし、その発展は本物であろうか。
地に根がはっているであろうか。

今、開戦を議論している日本からは未だにODA、国連分担金ははるかに下、国の環境問題、社会保障、民族問題その他、国力を総合的に考えていかなければ不毛の議論になってしまう。

抗日戦争から今日まで中国はすべて勝利としているが....
(ここできれている)

この後は激論となったようですがなぜかテープはここで切れています。
中途半端ですがこれでも流れがよくわかりますね。
その後の対応については、おそらくはガス抜きでしょう、いずれも香港紙に5月、7月には日中戦争には益がない。現状では開戦は避けるべきだという社説記事があり、8月にはなんと現状の開戦は中国が負ける可能性があるとまで記述しています。
政府ご用新聞ですから周近平は各方面の反発を心配したのでしょうか用心深いですね。

ここの記事では、すでに韓国は完全な中国属国になっていることがわかります。
また四川省地震における各施設の軍事衛星の撮影精度に驚愕。そして今でも核ミサイルが液体燃料であることもわかってしまいました。
中国は遅れていますね。

中国では軍事委員会の中身はほとんどいろいろな形で報道されていてみな知っているようです。
知らないのは報道スルーの日本人だけのようですね。
その他詳細は「驚きの中国軍事委員会」をどうぞ。
以下は注、資料です。

....ガリレオ
衛星から発する電波で受信機の位置を確定するナビゲーション・システムの一種。システム自体は米国が開発し、多くの国や地域で艦船、航空機、車両などの位置を測定するために広範囲に使われている。米国ではGPS(衛星利用測位システム)、ロシアではGLONASS、欧州連合(EU)ではガリレオと呼ばれている。
....北斗システム
中国の全地球航法測位衛星のこと。
中国は、このシステムを独自に作り上げてきた。2000年から11基の衛星が打ち上げられ、システムの基本ができ上がった。だが、このシステムを軍事目的に使用するのであるなら、もっと多くの衛星を打ち上げる必要がある。米国はシステムを運用するため、30基の衛星を打ち上げている。2012年から中国は「北斗航法測位システム」による位置測定と時刻調整サービスを始めている。
....ムグンファ「武器輸出三原則」参照。
ムグンファ衛星は韓国初の商用通信放送衛星だ。
このうち寿命が終わった2号と3号の不法・安価売却が問題視されている。両衛星の開発にはそれぞれ1500億ウォン、3000億ウォンほど投入された。
両衛星を管理・運営してきたKTは、香港のある企業に対し、2010年に約45億ウォン(約4億円)で売却した。開発費用の1%ほどだ。

最近、安価売却に対する批判が出ると、KT側は「設計寿命が終了したので安く売ったが、追加の技術支援契約を結び、実質的な売却価格は250億ウォン」と説明した。しかしムグンファ衛星2、3号を買収した香港の会社は現在、移動通信および衛星通信用でこれら衛星を十分に活用している。

中央日報/中央日報日本語版 2013年11月04日
....GPS誤差1センチ、精度世界最高 三菱電やNECは18年にも実用化、車や鉄道の無人運転に道を開く。
三菱電機とNEC、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は次世代衛星を使う世界最高精度の位置測定技術を共同開発した。
現在の全地球測位システム(GPS)と比べ位置の測定誤差を1000分の1の1センチ程度にできる。
自動車や鉄道の無人運転など次世代交通システムの基盤技術となる。
2018年にも企業が国内でサービスを始める。

日本のインフラ輸出の切り札にもなりそうだ。

ニュース引用元(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD300K8_Q3A530C1MM8000/


記事検索
お知らせ
2015/6/17
スマートフォンのデザインを修正しました(タグクラウド削除)。

2015/6/7
全記事アップしました。

2015/6/5
「かず二世」様稿までアップしました。引き続き「三代目」様稿のアップにとりかかります。

2015/6/3
2014年までの記事を全てアップしました。

2015/6/2
テロ法案3点セットの可決成立事案「テロ関係三法+1」までアップしました。

2015/5/30
「かず二世」による「遺稿プロジェクト終了」までアップしました。

2015/5/29
タグは現在150以上ありますが、仕様でサイドメニュー(PC)には最大100個しか表示されません。全記事アップ後にタグ整理いたします。


2015/5/27
初代「かず先生」稿までアップしました。引き続き二代目「かず二世」様稿のアップにとりかかります。今しばらくおまちください。