2015年05月30日

余命時事放談会 ?

余命時事放談会 ?
余命....
さて、つづきです。
ここまでのお話では最悪の事態が予想されますが、劇的な日韓関係の改善というような可能性はないのでしょうか。
D....
少なくとも、ここ2,3年はまったく期待できないね。

それどころか日本再生には在日や反日勢力の駆逐排除が絶対に必要だから事態はますます悪化するだろう。
この殲滅作戦計画を立案せよという問題を、防衛大学学生にだしたならば、おそらくほとんどの学生が同じような作戦を立てるだろう。

これがコソボ方式であり、それを完璧に実行したのがクリミア方式だ。

これについては余命の「兵の強弱と全滅の定義」を読むといい。
よくわかる。

在日武装勢力と反日日本人勢力との衝突は不可避だから、安倍さんは防衛省と頻繁に打ち合わせをしているが、日本人の犠牲を最小限にとどめる作戦としては選択肢は限られている。
というよりはひとつしかない。  


メディアを一瞬で殲滅し、武装勢力を一人残らず叩きつぶす。

あとは個々に殲滅するだけだ。
これは軍事教本のイロハのイだ。
民兵とか義勇兵というような組織は治安維持と超法規処理を担うというかたちになるね。

クリミア作戦はこれをたった1日で完璧に成功させた。
いい手本になるね。
A....
まず日韓友好は期待薄だから官民あげて最悪の事態に備えておかなければならない。

ここまで日韓が険悪な関係になると、一般国民も万が一に備えて自警団を作ろうとするのは当然だが、どうも警察組織の信頼がいまいちで、日の丸掲げた右翼が在日暴力団のなりすましで、実態は左翼と一緒という有様では動きようがない。

そういう意味で、自衛隊の体験入隊はいざという時の信頼の点で大きな効果がある方法だ。
もう下地ができているから、そのような募集があれば一気に全国的な組織ができあがるだろう。

しかし、それですべてがかたづくわけではない。
当分は双方かなりの犠牲を伴う殺戮戦だ。巻き込まれないように注意する必要がある。

近くに朝鮮学校とか韓国関連の施設や企業、特にパチンコとかタクシー会社が近くにある方は要注意だ。
B....
余命さんは「日本人覚醒プロジェクト」という立ち上げだそうだが、反面、在日や反日勢力に警鐘を鳴らしている面もある。

棄民法なんて親切に在日に教えてやっている。(笑い)

先ほどAさんが
かずさんの時代は完全な個人ブログだったけど、継続後は大勢の人たちがそれぞれに協力し合ってサポートしてきた。その結果、いい意味で余命時事日記は巨大な情報発信基地に成長した。
しかし、もうすでに、かたちは「みんなのブログ」だ。
と言っていたけどまさにそのとおりだね。
でも余命さんはみんなというのは周囲のスタッフのことだと思っているんじゃないかな。
(余命うなずく)
ところが実際は閲覧者もみんなに含まれていると私は思う。

余命さんはコメントを受けてないし、他のサイトもほとんど閲覧しないというからわからないだろうが、毎回更新のたびに、他のいろいろなサイトの書き込み欄に何の関係もないこんな不思議なメッセージが載る。
「余命更新されてるぜ」
「余命更新ナウ」
「1時間前余命更新」etc....

商売柄、毎日あらゆるサイトを駆け巡っているけど他のブログの更新案内なんて見たことがない。
もちろんID調べてみたが余命は関係なかった。(笑い)

ひとつだけ同じような書き込みがあったが、これは5人グループの釣りだった。

またこんなのがある。
「ボケ!余命時事でも読んでこい」
「その件は余命時事の....の....行目」
「今日はここまで。余命を読んで寝ます」
「余命の長文は最高の睡眠薬」
「時事日記は日本人の誇りと元気をくれる」
「日記のシナリオが実現しますように」....。

どことなく語調に余命時事日記を大事にしてくれているなという気持ちが伝わってこない?
もう「みんなのブログ」ですね。(拍手)

それと、余命さんはおそらく意識していないと思うんだけど時事日記Q&Aね。
記事の信頼性を高める一法かとも思うけどその背景の記述だけでなく、ブログの背景までオープンしちゃう。
これ書く者と読む者のブログ共有ですよ。(笑い)

で、笑っちゃいけないんだけど、どうしても笑っちゃうのが前回のタイトルね。
「更新遅れのお詫び」だって。(笑い)
小さな個人ブログであれば、なんとおこがましいとか、お前いったい何様だという話になると思うけど、毎日、1万数千人、月に40万人をはるかに超える訪問者をもつブログとなると、そういう話にはならない。

逆に出稿する側の余命の方に責任感というか使命感というか、まあ、プレッシャーのようなものが生じてしまって無意識のうちにこんなタイトルになっちゃうんだろうね。
余命....
ありがとうございます。
すいません。どちらかわからないのですが(笑い)....。

確かに更新期間が10日〜20日になると10万人を超える読者を放置しているわけですから、そういうプレッシャーは感じますね。
ただ更新回数だけなら、ブログ記事を分割出稿すればクリアできますが、余命のスタイルは記事の背景、意図、影響等を資料的に扱っているので全体を考えた場合、必然的に一括りしなければならないので改善は困難ですね。

ところでCさん、その筋の専門家として「2015年7月すぎに在日や反日勢力日本人の個人情報がネット上に流出する」といううわさ話の信憑性はいかがですか?
C....
まあ、一口に公安といってもいろいろな組織がありますし、治安に限っても、内外から政治、民間さまざまですから、コメントのしようがありませんね。全てがアバウトすぎます。

一般的にいって、このような問題に噛みついたり、批判したりする人は、その関係、つまりすねに傷をもっているか、チェックされる可能性のある人たちで、普通の日本人であれば関係のない問題ですから気にすることはないと思います。

あえて文面からコメントするならば、日韓開戦状態なら在日韓国人に関しては敵国人ですから敵国情報は全開示で問題は起きません。


無条件で拘束、強制送還です。

その際日本人である反日勢力の駆逐排除は?
という問題は、その時の国民感情レベル次第でしょうね。

在日韓国人武装組織である暴力団傘下の日本人構成員は、外患誘致罪の確信犯ですから死刑は確定です。
その他の反日日本人の処理は、先ほどDさんが言われたようなクリミア方式になるでしょうね。

この方式の最大利点は、国際的に後を引かないことです。
クリミアでは1日で新聞、テレビ、ラジオ、ネットを制圧、遮断し、ウクライナ陸軍拠点も制圧、2日後にはウクライナ海軍も降伏させました。
4日後にはウクライナ陸軍の9割がロシアに忠誠を誓うという寝返りとなり、残りの1割のウクライナ軍将兵と、3割以上いたウクライナ人の情報は完全に遮断されています。

常識的にはかなりの犠牲者が出ているはずですが情報はゼロです。
従って西側は、併合されたクリミアの状況がわからず手が打てません。


日韓開戦時という前提ですから、前面に出るのは自衛隊です。
反日勢力としての駆逐対象は政党をまたいで親韓、親中国会議員すべてと全民主党議員、全社民党議員、公明党、共産党幹部及び全メディアである
という情報の流出先をたどると、これが、なんと民主党だったとは、まさにブーメランですね。

安倍さんはこのシナリオを考えているようですが、うまくいくといいですね。(笑い)

実際には、2015年7月8日以降、永住カード切り換え、住民登録により、通名が事実上使えなくなり、社会生活上種々の不便を生じることや、各種学校、資格検定その他、終了、卒業、合格等の証明書としては実名でなければならないこと、また銀行、クレジット等では信用情報の一本化で猛烈な縛りがきますので、彼らは不本意ながらも韓国名を使わざるを得なくなります。

周りが仰天するほど韓国人だらけになりますね。(笑い)

トラブルが起きるのは必然です。
また犯罪者名は通名報道使用は事実上不可。
よって朝鮮人の関与する犯罪があふれてきます。
これは過去の事件にも当然遡及します。
そうなればますます事態は悪化しますね。

こういう戦争には至らぬグレーゾーンの時期の個人情報開示や公開は法違反です。
ところがこのグレーが、限りなく黒になってくると法違反ではあるけれど起訴はされないという事態になります。
これが愛国無罪です。

極端な場合は暴動や殺人までもが無罪となります。
個人情報流出の可能性があるというのはそういう状況になった時のことです。
B....
現実にグレーから黒という判断は国民感情と公安や、警察、自治体の法治感覚が一致して可視的にならないと難しい。

しかし、韓国において新大久保嫌韓デモのような反日デモが起きて、そのカウンターデモと衝突した場合、親日発言の爺さんが殺害されるような国だから、そのカウンターデモ隊の生存率は限りなくゼロに近いだろうね。(笑い)
少なくとも韓国の状況はすでに真っ黒ですね。

一方、日本では黒が濃くなってきてはいるがまだ灰色だ。(笑い)
在日特権廃止という嫌韓デモだけでなく、いろいろなテーマがでてきて、そのデモの回数もどんどん増えつつある。
シュプレヒコールもだんだん過激なものになってきている。
各地のデモでは小規模ながら武力衝突も発生しているようだ。
国会議員がヘイトスピーチがどうのこうのといいだしているのは在日や反日勢力の危機感の表れだね。


カウンターデモではしばき隊とかいう暴力団まがいの連中が動員されていたけど、これには公安関係者は涙を流して大喜びしておりました。(笑い)

こういう関係ではメンバーや組織を特定するのは非常に困難です。
ところが普段は裏でごそごそしているゴキブリが表に出てきて暴れ回っているのですから駆除は簡単です。
これがきっかけで、ここ何年も活動がつかめなかった個人や組織、また日本全国で人権とか民族問題等で地方自治体を食い物にしている実態が次々と明らかになりました。

在日の生活保護が次々にばれているのもこの関係です。

付随して地方自治体の在日汚染の調査もだいぶ進んでいるようで、ネットではいろいろな情報が流れはじめていますね。

Cさんの言われたグレーゾーンでの個人情報流出についての話ですが、まあ、その筋が1万人の売国奴日本人の個人情報をもっていたとして、これを意図的に排除を目的としてネットにリークということはグレーゾーンの中ではとりあえずは違法行為であるし、また、たとえば2chにでも、1万人の売国奴日本人個人情報を流したとしても、見た者は「凄い」とは思うだろうが、ただそれだけの話でしょう。
だからまず流出は私はないと思うね。


ただし、自衛隊には当然として、超法規的組織、つまり巷間話題となっている民兵とか義勇兵とかいう、在日や反日組織に対抗する組織にデーターを提供する可能性は高いと思う。
グレーがブラックになるのは2015年秋以降だから、2015年春の義勇兵とか民兵の募集はかなり綿密に計算された動きだといえる。

またCさんが具体的にあげた日本国内における縛りだけでなく、韓国の縛りも顕在化してきました。
余命時事の閲覧者には常識だけど、傑作なことに当事者である在日が全く知らないということがいくつもある。


法改正に関しても民団がきちんと説明していないのではなくて、韓国本国が驚くべき棄民方針で意図的に隠しているのだ。

これについて余命時事では項目ごとに詳説しているので復習するといいね。
例の安倍さんのささやき提案のあと韓国はすぐ2月に住民登録法を立ち上げて12月に施行という離れ業を見せたけど余命のいう韓国棄民三点セットはすべて2015年夏以降の施行だ。
何も知らされていない在日に対して余命のラストの一言。
「哀れ在日韓国人!」が実感となってきました。(笑い)

ちなみに先ほど、韓国盧武鉉元大統領の在日嫌いの発言を紹介しましたが、棄民法の仕上げともいうべき韓国住民登録法が成立した直後の3月7日、韓国経済紙は韓国一般国民の感情として、国籍めぐる脱税、兵役逃れ、日本に逃げ出した僑胞は卑怯な棄民であり、韓民族の恥であるという記事を掲載しました。
....(コピーを提示)
国籍は乗って飛ぶ。
租税と兵役の源泉である人身を確保することは国家存立の問題である。

このような意識は18世紀末プロイセンの法制度全般までさかのぼる。
私たちの社会では、1990年代以降のグローバル化につれ、ようやく移民問題を真剣に眺めるようになった。少し前まで複数国籍者は二重国籍を維持しながら、韓国内で出生届や住民登録の代わりに外国人登録をして過ごすことができた。
これは兵役義務を回避する典型的な違法ルートだった。

兵役問題は、社会的に本当に深刻だ。

外国で韓国国籍の親から生まれた遠征出産のようになっている場合、今後大韓民国の国籍を放棄して兵役義務を免れることができるのは不公平なことだ。これに対応して、わが国では国籍法改正があった。

兵役を履行するまで大韓民国の国籍を放棄できないようにして二重国籍者からも兵役義務を確保しようというのだ。
これで兵役回避のために韓国国籍を放棄する防止策がある程度整ったといえる。
しかし今私たちの社会は発展段階に見たときに、租税にも関心を置かなければならない。
国がきちんと立っていく租税制度を見れば分かる。
社会的に公平に規定されているのか、定められたとおり、実際に執行するか、脱税者を規定どおりに処罰するかの問題である。

国籍放棄と贈与について明確に調査する必要がある。

ギム・ファンハク ソウル大学行政研究所 特別研究員 ソース韓国紙 アジア経済
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2013030711242062580
  
2014年半ばとなって、逃げ道を完全にふさいだ中で韓国は動き出しました。
棄民法の改正の時はできるだけわからないように、こっそりとハングルだけ、民団にも秘密。ところが逃げ道をふさいだ今回の通知は在日にもわかるように日本語です。
親切ですね。(笑い)

....韓国兵務庁は2日、在日同胞に向けたパンフレット「2014年兵役義務者の国外旅行案内」を発表した。

パンフレットはすべて日本語で制作されている。

内容は、在外国民と兵役義務、兵役義務者の海外旅行許可、複数国籍者の兵役義務など、項目別に詳しく書かれている。 パンフレットのダウンロード、および詳細は駐日韓国大使館ホームページ御参照。
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=75444&thread=04
余命....
中身は、余命ブログで詳説し、警告してきた事象そのものですね。
在日は終わりました。

皆さんのお話を伺っておりますと、少なくとも在日は完全に追い詰められているようです。
必然的に衝突に繋がって、これが引き金となり....というようなシナリオになりそうですが、民主党や社民党は在日と一蓮托生としても、Cさん、公明党や共産党は何か打つ手はないんでしょうか。
C....
ありません。(笑い)
現在の政治状況では気もないですね。

民主党政権下の3年は日本にとっては最悪でした。
その経験を踏まえて、安倍政権は立て直しをしています。

この政権を支えているのはもちろん国民ですが、それは選挙によって選ばれた自民党の総裁というかたちであって、直接選挙によるものではありません。
これは弱点です。

自民党内にも隙あらばと常に足を引っぱるものがいるからです。

しかし安倍政権は盤石です。
本来この関連はAさんのテリトリーですが(笑い)
私のほうが無難だと思うので。(大笑い)


安倍さんの最強のバックボーンは自衛隊です。
創立以来最強の武装組織です。
この武装装備の関係は後ほどAさんから詳しくお話しいただくとして、私は政治関係の方です。


民主、社民、公明、共産、いずれも自衛隊に対しては否定的対応をしてきました。

安全保障上、日本を貶めるような政権運営をしてきた政党に対して、何度かきれそうになっていた自衛隊ですが、組織的に文民統制によって民主党よりの官僚によって芽を摘まれていたのです。
ところが安倍さんとなって、組織が制服武官による幕僚監部統制となり、3軍JTFも実戦運用が確立したことから指揮命令系統が一本化され有事態勢も整いました。

これにより自衛隊の機密性が強化され、治安体制にも対応できるようになったのです。


この自衛隊に対して、各政党もメディアも全く対応できません。
以前、安倍さんの各政党の評価を取り上げたことがありますが、当時も今も、その評価については自衛隊幹部の評価と完全に一致しています。

自衛隊を否定し不要論を唱える政党は自衛隊にとっても不要ですね。
ただ共産党は幹部はダメだが党員の質は高いという評価です。
面白いですね。

問題は与党公明党です。

集団的自衛権とか外国人参政権とか頑張ってますが、安倍さんからも、自衛隊からも引導が渡されていることがわかってないようですね。
米との関係において時間調整局面であるため安倍さんは急いではいませんが、山口那津男代表の「公明党内は解釈見直しの慎重論が大勢だ」と立場をわきまえぬ公明党にはかなりの不快感をもっているようですね。
全面降伏がないかぎり連立解消でしょう。
かわりはいくらでもいるのです。

また、公安や自衛隊から支持母体である創価学会の会員構成の問題が指摘されており、連立はもう解消でしょう。
所詮は宗教政党です。
創価学会が政治に口出すようになれば政教分離で叩かれます。
与党でなくなれば、数々の創価学会優遇措置がなくなって必然的に公明党はつぶれますね。

この各政党自滅待ちという状況に加えて、自民党内でも親韓グループや親中グループの特定議員あぶり出しが進んできているので、政党による改善は当分望めないでしょうね。 
 つづく

記事検索
お知らせ
2015/6/17
スマートフォンのデザインを修正しました(タグクラウド削除)。

2015/6/7
全記事アップしました。

2015/6/5
「かず二世」様稿までアップしました。引き続き「三代目」様稿のアップにとりかかります。

2015/6/3
2014年までの記事を全てアップしました。

2015/6/2
テロ法案3点セットの可決成立事案「テロ関係三法+1」までアップしました。

2015/5/30
「かず二世」による「遺稿プロジェクト終了」までアップしました。

2015/5/29
タグは現在150以上ありますが、仕様でサイドメニュー(PC)には最大100個しか表示されません。全記事アップ後にタグ整理いたします。


2015/5/27
初代「かず先生」稿までアップしました。引き続き二代目「かず二世」様稿のアップにとりかかります。今しばらくおまちください。