2015年05月31日

朝日の落日? 在日韓国人

朝日の落日? 在日韓国人
韓国の住民登録法の狙いは、現時点では、徴兵にしても何も言及せず、単に国外在住韓国人の利便をうたっているが、まず登録させて、あとは国内法による改正で対処にある。 

2015年中の登録を呼びかけているが、これは2015年米韓相互防衛条約終了後の米軍撤退を埋めるための徴兵対策が見え見えだ。
登録をさせたあと、徴兵制度を義務化して在日にも適用するということだ。
拒否者に対しては犯罪人引き渡し協定によって送還させるという段取りだ。

これによる送還は日本の永住権の喪失となるので拒否できないという仕掛けだ。

一方で金による徴兵免除も検討されているらしい。
一説には100万円と聞くが真偽のほどは不明だ。
韓国の意図、要は、帰化できるならどうぞ。
ただし日本人になると在日特権はなくなりますよということ。また徴兵という血で払うか、献金という金で払うかどちらでもというスタンスだ。
登録後は韓国国内法で在日を自由にコントロールしようという棄民方針がはっきりとみてとれる。

「韓国人の憂鬱」から。
 前回記述した突出ブログの原因がわかりました。

韓国の安全行政部は海外で永住権を所有する在外国民に対し2015年1月22日から住民登録証を発給することを発表、また複数複数サイトで元記事がわからないのですが、共通部分
韓国は、在日の多くが兵役義務を果たしていないことから、過去に遡り課税する法案を提出することになりました。

本人だけではなく、家族親戚にも及びます。

親類親族他一人当たりの資産に課税したり、資産の差し押さえ没収も出来ます
という報道があったんですね。
その関係記事として他のサイトが余命ブログを引用したのが原因でした。


さてさてお気づきでしょうか、たった4行の中に凄まじい内容が含まれていますね。


韓国では2010年から進められていた在日棄民法3点セットが2013年には完成し包囲網がしかれ、仕上げの韓国住民登録法は昨年成立していました。

当初、登録は任意だったですね。
「いずれ義務化強制となる。その際は現状無国籍在日に国籍を付与、韓国内の代表番地に住民登録し、韓国国内法で縛りをかける。狙いは在日の保有する資産だ」と日本人には関係ないんだからほっておけといわれながらも余命は何度も警告していました。

「捏造法から遡及法なんでもあり、被害者が加害者となるような裁判まで、なにしろ全てがいいかげんな国だから帰化人だって安心はできませんよ」と記述しておりましたね。

これで孫正義は逃げてしまいましたが....。


しかし実際、このように露骨にやってくるとは正直言って思っていませんでした。

在日韓国人はとりあえず韓国人です。
もうこのやり方は憎悪をもった棄民措置ですね。


少し詳しくみてみましょう。

今までは住民登録がいいかげんで韓国は在日の動向を追うことができませんでした。
ところが日本の外国人登録法改正によって住民基本台帳に登録が義務づけられたことから、それが可能となったのです。(巷間、民主党が在日情報を提供したとの噂が流れていますが余命は確認していません)  

現在に至るまで在留カードへの切り替えをしていない在日は大きな誤解をしています。

ひとつは放置しておいても韓国は手が出せないと思っていること。
もう一つは万一不法滞在となっても日本は強制送還など絶対にできないと思っていることです。


今回、在留カードへの切り替えが進んでいないことからその案内はがきを送付していますが、その担当は法務省です。その送付住所はすでに総務省管轄の住基台帳に仮登録されすりあわせも行われております。
切り換えた者から正規に総務省に移管しているだけです。

2015年7月9日には未登録者の情報も全て法務省から総務省に移管されます。
その際の未登録者の扱いは不法滞在者となり逆に法務省に通報されるということになります。


ここで注意すべき点は、日本においては在日全てが把握されているということです。
この点を無国籍在日の方はわかっていないようです。


両親、あるいは片親が韓国人の場合、日本で出生した子供は二重国籍となります。
21才までに日本国籍を取得しない場合は自動的に日本国籍は消滅、韓国籍となります。
このとき韓国国籍を取得する手続きをしないと、韓国は当人を認識できず無国籍となります。

日本国内で普通に生活している分には国籍が日本であろうが韓国であろうが、たとえなくても問題はありません。
在日特権で優雅な暮らしができます。


ところが盲点があるのです。

該当年令になると親切なことに、日本は国籍はどちらにしましょうかと確認が来るのです。
この際に韓国籍の意思表示をするか、放置すると、日本国籍は消滅、韓国籍となるのですが、ご当人は日本人にはならず、韓国籍も取得していないので無国籍だと思っているのです。

当然韓国にはわからないと思っています。ところが日韓相互通報制度によって、韓国が在日情報を求めた場合、日本では無国籍在日は韓国籍として情報提供されるということになります。
こういう方達が少なくとも万単位でいるようですね。


さてもう一つの切り替えを無視しての不法滞在開き直りですが、強制送還以前に社会住民サービスが停止されます。
生活保護なんて瞬間で終わりです。
もちろん犯罪者ですね。


不法滞在者の強制送還は法改正により以前と大きく変わりました。

滞在資格が何らかの理由で欠格となった場合、総務省は法務省に通報します。
これを受けて法務省は強制送還の手続きをとり事務的に執行するだけです。
法改正前は法務省の管轄で、不法滞在者にも執行までの期間の滞在許可とか、相談窓口があったのですが、今は全て廃止されました。

在日の重大犯罪については、強制送還の規定があります。
しかし日韓の政治的な配慮から歴代法務大臣は許可してきませんでした。
このケースはまだしばらくは同じでしょう。
しかし通名が本名で報道され在日犯罪がクローズアップされてくれば事情は大きく変わってくるでしょうね。


不法滞在開き直りの在日はこの部分に誤解があるようです。

つまり重大犯罪を犯し有罪となっても犯罪は永住許可資格要件にはないので許可取り消しというようなことにはなりません。
ところが不法滞在はこの資格要件である日本の法による正規に認められた入国滞在者ではありません。
よってこれを基本条件とする永住資格は自動的に喪失。
永住許可取り消しとなります。

ここに法務大臣の裁量権の介入する余地はありません。


それにしても凄いですね。

この法律は憎悪感とヒステリーに充ち満ちていますね。

韓国は、在日の多くが兵役義務を果たしていないことから、過去に遡り課税する法案を提出することになりました。
本人だけではなく、家族親戚にも及びます。
親類親族他一人当たりの資産に課税したり、資産の差し押さえ没収も出来ます
早急に内容を調べますが、今のところ兵役義務を果たしていない?当事者と連座なのか、在日全部を対象とするのかなどは不明です。
巷間、さかのぼって滞納住民税徴収とか、わけのわからない話が飛び交っております。
この件わかり次第お伝えします。


開き直りの在日のみなさんはさておいて、在留カードに切り換えた場合2015年7月9日からは生活の上で何が変わるのかをみてみましょう。

まず、すぐに影響が出るのが金融口座関係です。

生活保護を通名銀行口座振り込みの場合は本名に切り換えなければ振り込みされません。
一般的に新規口座開設の場合、以前は在日の身分証明書である外国人登録証を使いました。
よって口座名を通名にしても口座情報として国籍と本名は銀行にあるのです。
これはクレジットもローンも全く一緒です。


いくつも違う通名を使って複数の口座を持っている在日も7月9日以降は名寄せされて本名への切り換え通知が来ます。

通名口座は犯罪やマネーロンダリングに使用されるケースが多いため以前から廃止が検討されてきました。
住基法、入管法の改正でこれが可能となったのです。  

以前、暴力団への融資やその他の癒着で処分を受けたみずほ銀行をはじめ他の銀行も厳格かつ早急に対応することが求められています。


韓国国民銀行に対する営業停止処分は明らかに安倍さんの警告ですね。
在日の金融口座は一気に本名に統合されるでしょう。

 
この通名口座対策は本人や金融機関だけではなく、雇用組織、つまり会社にも求められています。

通名で勤務し、その通名口座に給与が振り込みされている場合、今後、口座名義の本名への書き換えが義務づけられます。
ただし、勤務上の通名の使用は別問題です。

金融機関の暴力団や反社会勢力への対応は喫緊の課題です。
この秋にはテロ対策とあわせてテロ対策資産凍結新法その他の関係法案が提出されます。
これにあわせて金融機関に関係機関からの情報提供も強化されました。


7月16日に1年も前の昨年10月大阪市内で行われた在特会デモに参加予定の男性を集団で暴行したなどとして、大阪府警警備部(公安)は川崎市多摩区南生田7、市民団体幹部、添田充啓容疑者、同組本部長の木本拓史容疑者ら男8人を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕しました。
添田容疑者は同種の嫌韓デモに反対する「男組」というグループの「組長」で、他7人もメンバー。
男性を集団で暴行するなどした様子を撮影し、インターネットの動画サイトに投稿していました。
府警は16日、添田容疑者らの自宅や大阪、東京、静岡の関係先など7都府県10カ所を家宅捜索したということです。


ここで注目すべき点は、カウンターデモ単独事件という処理ではなく、公安が暴力行為等処罰法違反として一斉検挙をしたということです。

この組織の背後関係が全て調査の対象となり、徹底的に洗われることになりました。

これにより怪しげな市民グループや組織、そして反社会勢力があぶりだされ、結局、左翼のつながりから、部落問題や差別、人権問題の解決を掲げる公明党や共産党にも影響が及びだしたようです。
この流れが8月5,6日の朝日新聞慰安婦記事訂正に繋がっているのは間違いなさそうです。


日韓双方から締め付けを受け始めた在日や反日勢力への対応として、テロ指定や口座凍結は強烈な武器となります。
この関係は次回扱うこととして、いったんもどります。


金融口座については不正行為をしているものには逃げ場がなくなることになりますが、まともに本名で生活している分には全く問題はないことはわかりますね。


さてもう一つの大きな影響が出てくるのが通名の問題です。

これまではアバウトな記述をしてきましたが、もう1年をきりましたからいいでしょう。

在日のみなさんにはつらい話になりますが、乞う勘弁です。


わかりやすい事例として、今回もタクシーを取り上げます。

この業界は経営者も従業員、運転手も他業種に比べて在日が多いので有名ですね。
7月9日以降、通名や免許証はどうなるのでしょう?

まず会社の対応です。

給与振り込みに通名口座は使えませんので、本名に切り替えが必要です。
在留カードへの登録で住民票の記載が本名に変わります。
よって社会保険や雇用保険の関係も本名に切りかわります。
企業基金の登録名義も本名へ変更が必要です。
会社が乗務員のデーターを全て本名に切り換えて、乗務員証明書だけを通名のままにしておくことはできません。
ただちに、免許証の本名への変更届と乗務員証明書の更新ということになるでしょう。
タクシー会社での通名使用はなくなりますね。
李さんとか朴さんとかいう乗務員証を表示した運転手が溢れてくるでしょう。

この関連、個人タクシーはどうでしょう。
法人と違って個人事業主、かつ免許の管理は自身で行います。
しかし法人タクシーの運転手の通名使用ができなくなって個人はOKということにはならないでしょうね。
この業界が自主的に動かざるを得ないでしょうし、管轄省庁も放置することはできないでしょう。
結局個人タクシーもドアの横の屋号が李とか朴なんて表示しているのが霞ヶ関とか防衛省とかに目立つようになるんでしょうね。

個人タクシーが在日とわかって、お客が乗車拒否なんて話が出てきそうですね。

似たようなケースでは通名でとった資格の問題があります。

「2015年7月9日」ブログから .....

大卒でいくつも特殊技術の資格を持っている朴さん、就職には不安はなかったのですが、全く各社、音沙汰がありません。
よくよく調べてみると卒業証書や各資格証明書はすべて通名である田中某で、そこに朴一は影も形もないのです。

現在は(朴一、金田某)であって、以前の通名(田中某、朴一)の証明そのものが困難で、人事担当からは、証書や各資格証明書の発行側から同一人物であるという証明が必要だといわれたそうです
.....在日の朴Aさん通名、佐藤A子で住民登録されています。

佐藤さんは2年前に日本の大学を卒業、資格は商業簿記と、英検をもっているのですが、全く就職の役に立ちません。
証書がみな佐藤A子で朴Aと同一人物であることが証明できないからです。

簿記も英検も受験の時は通名を使いました。
当然、本名は受験票のどこにもありません。

住民票では朴A→=佐藤A子は証明できますが佐藤A子→=朴Aの証明はできないのです。 

このケースの場合は証明は不可能ですね。 
この通名で取得した資格や免許の問題はこれから大きく問題になることは確実です。

教員免許、医師免許、弁護士資格等は厳しく再チェックして、通名使用ならば免許資格の有効性についても厳格な調査が必要でしょう。
小中学校では李先生、朴先生なんて名前がぞろぞろ出てきそうですね。  

さてそのほかの大きな影響といえば、通名報道でしょうね。

朝日新聞は自爆状態ですからまだまだいろいろと出てくるでしょう。
捏造事案は慰安婦問題だけではないのです。

戦後の中国、韓国関連のありとあらゆる日本を貶める事案に朝日は関わっています。

系列のローカル新聞をはじめとして韓国、中国、共産党、公明党、反日勢力が必死になって支えようとしていますが形勢は不利ですね。
今後ますます朝日は追い込まれますが、一番の影響は通名報道ですね。

日本メディアは、朝日とは一線を引こうとしています。
同類とみられたくはないのです。
その意味で在日犯罪者の通名報道は少なくなるでしょう。

毎日新聞はどこまで耐えられるかですね。 

通名が使えなくなると、近所の在日があぶり出されます。
加えて韓国本国からは棄民扱い、資産が狙われている状況は在日にとっては絶望的で、在日暴力組織の暴発はともかく、一般社会においてもトラブルが頻発しそうですね。 

安倍さんは2016中の韓国駐留米軍の撤退、北朝鮮の侵攻、韓国からの難民流入阻止までを睨んでの逆算で戦略を立てていますから動いてくるのは来年春だなと思っていたのですが朝日新聞の自爆で半年ばかり早くなったようですね。

それにしても、余命はもう何度言ったでしょうかね
「安倍さんはついている」
今回もその一言ですね。

反日メディア、反日勢力の牙城、朝日新聞がかってにこけてしまいました。
この流れについては次回で。

記事検索
お知らせ
2015/6/17
スマートフォンのデザインを修正しました(タグクラウド削除)。

2015/6/7
全記事アップしました。

2015/6/5
「かず二世」様稿までアップしました。引き続き「三代目」様稿のアップにとりかかります。

2015/6/3
2014年までの記事を全てアップしました。

2015/6/2
テロ法案3点セットの可決成立事案「テロ関係三法+1」までアップしました。

2015/5/30
「かず二世」による「遺稿プロジェクト終了」までアップしました。

2015/5/29
タグは現在150以上ありますが、仕様でサイドメニュー(PC)には最大100個しか表示されません。全記事アップ後にタグ整理いたします。


2015/5/27
初代「かず先生」稿までアップしました。引き続き二代目「かず二世」様稿のアップにとりかかります。今しばらくおまちください。