2015年06月01日

日本再生大作戦放談会 中立宣言

日本再生大作戦放談会 中立宣言
前回の朝鮮戦争再開時の難民対策は中立宣言についての追加記事その他です。

B....
第二幕は米軍韓国撤退から始まります。2015年12月の戦時統制権返還が予定通りであれば、必然的に米軍撤退はそれ以前に始まります。
米陸軍平沢移動なんて全く関係ないですね。
北の侵攻に巻き込まれないようにするためだけではありません。

米軍撤退ストップのために韓国軍が北朝鮮を攻撃という可能性があるからです。

よってあっという間に撤退は完了します。
朝鮮半島は一気に緊張しますね。

戦時統制権返還が予定通りとなった場合、これに備えて自衛隊はJTF態勢、予備役招集という流れですね。状況によりますがOBにも待機の要請があるかもしれません。

この対応は当然のことで、朝鮮戦争再発時に日本は集団的自衛権など全く考慮しません。
ひたすら朝鮮半島内戦に関わらないように対応するだけです。
南北の勝敗などどうでもいいのです。朝鮮戦争再発時の対応もすでに決定しています。

?中立宣言。
?難民阻止。
?南北強制送還
余命....

以上について引用サイトの書き込みに誤解の指摘がありました。

現状の流れでは放置できる問題ではないと判断し、続けて検証してまいります。
朝鮮戦争が始まったときの対策として中立宣言というスレだったのですが、書き込み総数151、在日と思われる否定意見31。その内訳は、次のようなものでした。

1.米が中立宣言など認めない。17
2.マスコミが難民対策など認めない。7
3.日本が難民阻止などできるわけがない。5
4.その他。2


戦時統制権返還。

米軍、韓国から撤退後の朝鮮戦争再発時という前提条件であるにもかかわらず、「米が....」なんて言ってます。
おそらく元記事は読んでないんでしょうね。

この場合は簡単に中立宣言できます。

米韓同盟は継続でしょうが介入はしないでしょう。

中立宣言が出せればその時点で安倍さんの勝ちです。
国際法に則って領空、領海を封鎖するだけです。
日本国内の韓国、北朝鮮の交戦国両国民は強制的に隔離、母国への強制送還となります。

ここで注意しなければならないのは、開戦時には、韓国は大統領動員令を発布するだろうということです。
かなり無理のある法律ですが、通常の徴兵条件とは異なり、在外全韓国国民が対象となります。
老若男女子供までも含まれます。
兵務庁傘下ですから兵士ですね。少なくとも善意の文民ではありません。
北はわかりませんが対抗上これも善意の文民としての扱いは無理でしょう。
なぜなら動員された韓国人が兵士である以上、交戦資格を持っています。
当然北も持っているだろうからです。

よって強制隔離と送還は万が一を考えて、交戦権を持たない警察ではなく自衛隊が行います。
無国籍在日の場合は送還先を韓国か北朝鮮かを選択できます。

日本国民の安全上、交戦国の日本国内における強制隔離と送還は緊急かつ必須事項です。
戦時であれ実行されなければなりません。
中途半端な人道的対応は日本国家の存続を危うくします。


そしてもう一点は反日メディアの問題です。

日本が中立宣言をした場合、日本メディアは国際法上の中立義務があります。
しかし現実は完璧に親韓、反日となっている日本メディアにそれは期待できません。

朝鮮戦争再発時には日本自衛隊はJTF態勢、つまり陸海空統合態勢をとりますが、直接難民対策にあたる最前線部隊海自にとっては、親韓反日メディアの破壊殲滅は陸自に対する最優先要求事項です。
後ろから鉄砲を撃たれたら戦闘になりません。  

軍事専門家の予想はみな同じで、
朝鮮戦争再発はまず北朝鮮のソウル砲撃から始まる。
韓国軍だけでは支えきれず総崩れになることは間違いない。
米の支援なくしては前回と同じくかなりの線まで追い詰められるだろう。
とりあえず兵器の差と周辺国の政治的介入で韓国国家崩壊まではいかないだろうが、その際行き場を失った韓国海軍艦艇が避難民を乗せ、あるいは乗せないで日本に殺到する可能性は否定できない。
この場合、海自と空自は国際法に則って領海、領空侵犯による撃沈、撃墜という対応をとらざるを得ない。
問題は明らかに避難民とわかる民間船舶あるいはボートピープルのような場合ですが、これについては拘束、即、北朝鮮赤十字に送還します。

安倍さんが強制送還の受け入れ打診をしたのは北朝鮮赤十字であって北朝鮮ではありませんでした。

北朝鮮政府は人道的対応を容認するとしただけで、受け入れ先は北朝鮮赤十字です。

確かに、必然、必至、必然、必至と事象を並べていけばこういう進行になります。
その意味では在日諸氏の書き込みは驚くほど楽観的ですね。

この中立宣言シナリオは第二幕の二択の一つです。


安倍さんは2013年10月25日の韓国の竹島防衛演習実施で方針確定、特定秘密保護法を成立させてからは予定のシナリオが不動のシナリオとなりました。
このシナリオで唯一危惧されたのが、韓国と反日メディアのすり寄りでした。

ところが予想外の反日継続であっという間に包囲の段取りが完成してしまいました。
それが現状です。

もう後戻りのできない一本道に入っていますからこの先どうなるかは誰でもわかります。
余命ブログの2012年〜2013年初頭の安倍イズムシリーズ、日韓戦争シリーズでこの関係を詳述しておりますからご覧いただければと思います。


今後のシナリオの大筋について簡単に復習しておきます。

法的に縛りがかかっておりますから2015年7月9日から作戦開始です。
2015年12月までに戦時統制権の返還と米軍撤退の状況にもよりますが、米軍が規定方針通り撤退した場合、そこから第二幕が始まります。


シナリオは二つあって、そのひとつが今回のテーマである朝鮮戦争再発〜中立宣言という流れです。

このパターンは在日、反日勢力駆逐が一気に進む理想のパターンですが、そう簡単にはいかないでしょう。
何せ他人任せ、朝鮮戦争再発待ちですからね。

結局は最初のシナリオにもどります。

これは米軍撤退後、竹島でドンパチ始めて日韓国交断絶、戦争はほったらかしておいて国内在日を駆逐するというものですがひとつ問題がありました。

それは韓国が竹島占拠において用心深く、軍人を配備していなかったということです。
民間人が占拠、居住しているだけでは世界に向けて日本国領土の侵犯侵略とはアピールしにくいですね。
そこをどうするかがこのシナリオの課題でした。当ブログのその関係記事がこれです。


 .....「日韓開戦は2016年竹島が舞台」 2013−7−23
竹島でちょっともめるだけで、国交断絶。戦時国際法適用。
敵国人、在日朝鮮人強制送還開始。通名朝鮮人拘束。

安倍は韓国と戦争する気など毛頭ない。
在日を追い出せばいいのだ。

この状況に至れば売国日本人や反日勢力、反日マスメディアは国民が粛正するだろう。

参院選が終わって、ここまでは完璧に予定通り、後は憲法改正など急ぐ必要はない。
命がけで日本にいるわけにはいかないだろうから2年もたてば、在日の帰国が始まる。そのまま韓国は中国の半属国となる。

日本との国交断絶は少なくとも半世紀は続くだろう。

第一列島線まで引いた日本は、最終的に中国抑止の軍備を備え、米が容認している中国抑止核武装力をもつことになるだろう。

これで東アジアの軍事バランスがとれるようになる。
これが日米のシナリオだ。
「竹島でちょっともめるだけで....」いちゃもんつけて無理矢理というかんじですね。

この時点ではどこからか「中国は日本との戦争はあきらめた」という情報が入っていて、竹島や在日問題は今のうちにかたずけようという意識があったのかもしれません。

しかしどうみても強引すぎて無茶という感じが否めませんね。
その時点での余命記事がこれ。


 .....「日韓開戦まであと2年現状報告」2013−10−18
2015年末の米韓相互防衛協定の終了と国連軍指揮権移管問題は粛々と進められている。

度重なる韓国のパクリ、裏切り行為に軍事各種委員会は兵器の売却や最新技術の提供の停止を求め、すべて全会一致で承認されているのが現状だ。
現時点で主流となっているのは世界戦略上、朝鮮半島の韓国防衛が米軍が駐留費を負担をしてまでの価値があるかどうかであり、韓国がその経費の負担増額に難色を示すのであれば、韓国自身の防衛に任せるべきだという意見である。

在韓米軍の地上兵力は早期に完全撤退し、国連軍司令部は日本の横田基地に置き連絡事務だけを行う。
今では米韓相互防衛協定は延長もあれば,破棄の条項もあるのであるから、北朝鮮との戦闘に巻き込まれないためにも統合司令部の解散と同時に協定の早期破棄も検討すべきだという意見が無視できなくなっている。

この部分については秘密会になっているのでよくはわからないが、米軍の撤退が先か協定破棄が先かで北朝鮮の動向の問題もあって現時点では結論が出ていないようだ。

しかしこの状況は日本側にはその都度伝えられているようで、最近の関連実務者会議での決定では、朝鮮半島有事退去引き上げの際、米軍輸送機による引き上げの優先順位は米国人、日本人、他の外国人とし、韓国人、在日朝鮮人は除外された。

どこから伝え聞いたか、韓国人はこれに猛抗議というが何か不思議だ。
韓国人はどこに引き上げるのだろう。
どこかが完全に狂ってますな。


さて米韓相互防衛協定は米韓だけの問題ではなく日韓紛争、特に竹島問題の押さえとなっている。

破棄によってこのタガが外れることは一気に日韓関係を緊張させ、確実に武力衝突になるであろうことは火を見るよりも明らかだ。
よってこの協定破棄の時期の問題は大変に重要で日米政府間では緊密な連絡を取り合っていると聞いている。

米軍早期撤退に北朝鮮が反応しない限り、協定破棄はかなり早くなる可能性があり、治安当局は対応を急いでいるという。


2015年、米韓相互防衛条約終了と同時に竹島で軍事衝突、国内在日朝鮮人と売国奴日本人の一掃が安倍シナリオである。

国内反日勢力が一掃されれば日本は大きく再生する。

それ以上、つまり韓国や中国と戦争する必要はない。
つきあわなければそれですむ。

日本にいたくているわけではないという人たちであるから、在日特権の剥奪と、永住権の剥奪、生活保護停止等、国内法改正で祖国へお送りすれば日本はきれいになる。

事態は完璧にシナリオ通り動いている
確かにシナリオ通りに進んではいたのですが、最終的に竹島のドンパチの見通しがついていませんでした。
ところが安倍さんにまた神風が吹きます。
韓国朴大統領の自爆です。


 .....「公安、外患誘致罪適用へスタンバイ」 2013−12−01
10月25日竹島での韓国の防衛訓練には駆逐艦やF16戦闘機が投入され、海軍特殊部隊の上陸訓練も行われた。

非公開予定だった訓練は「いかなる状況においても独島(竹島の韓国名)を確固として守る韓国軍の意思を示すため」(国防省)公開されたという。

韓国政府はもはや軍をコントロールできないようだ。
米軍とのコンタクトも無視されているようで、完璧に中国三軍演習に組み込まれている。

日本の政経軍への影響についていくつかに分けて検証する。


韓国の竹島演習はこれまで日米の顔色を見ながら非公開でこっそりと行われてきた。

したがって対外的に韓国の不法武力占拠、紛争地域という実態がなかなか証明しずらかったのだが今回、韓国国防省が公開したことによりこの紛争問題の存在が明らかになった。

これをうけて公安は外患誘致罪をはじめ外患各罪の告発要件が満たされたと判断した模様だ。


日本の刑法の規定で最も重い罪は「外患誘致」(81条)であり、極刑以外の刑罰を定めていない。条文は次の通りだ。
「外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する」むろんこれまで適用例はない。(これについては外患罪に詳説してある)

 この外患罪の特徴は対外存立であって他国あるいは組織と紛争あるいは戦争が発生した時点で成立するというところにある。

したがって平時には常識では売国奴的行為や反日スパイ行為であっても外患罪は成立しない。
だが確実に潜在しているのだ。


昨年末から尖閣、竹島、慰安婦等の問題で様々な動きがあった。
それに対して外患罪を適用せよというような動きもあったのだが、なにしろ平時であることと、尖閣では中国と、竹島や慰安婦問題では韓国との紛争発生が絶対必要条件とのことで立ち消えになっていたのである。

しかしその時点では政界だけでも「尖閣衝突での外患罪予備軍に、鳩山、村山、仙谷、加藤」らの名前が挙げられ「竹島衝突での予備軍に河野、管、小沢、野田、岡崎、山岡、志位、福島」らの名前が挙がっていたのである。

(後略)
この10月25日の韓国の竹島防衛演習実施は最高の神風でした。

?日韓は紛争関係にあること。
日本の領土竹島に韓国が侵攻、占拠していることによる開戦カードのプレゼント。

?日韓は紛争関係にあること。
よって反日日本人に対する外患罪適用条件が整ったことによる外患罪告発カードのプレゼント。

?米の韓国切り捨てが確定したこと。
すべて余命の過去ログの繰り返しですが、とりあえずまとめの意味で記述しておきます。


まず?ですが、演習の通告が駐韓米軍になかったことから米軍が韓国に事態の説明を要求。
これに対し、韓国は平時統制権は韓国側にあって、米軍への通告は必要がないと蹴ったことから米軍は激怒。
その後、竹島に関する日韓紛争については米は中立の立場であるという声明に繋がります。
要するに「日本の力による奪還容認」ということですね。

?については、シナリオの障害がなくなったということです。
中立宣言の場合は動員された在日韓国人は、全てが兵務庁傘下の軍属で兵士ではあっても交戦国は北朝鮮でした。
しかし日韓開戦の場合の動員は交戦国は日本です。
凄惨な殺戮戦は必至です。
通名、日本人なりすましは即刻、テロゲリラ扱いが現実に見えてきました。
安倍さんは十二分の備えをもって対処するとは思いますがしっかりした自衛も必要ですね。

この両シナリオはともに反日メディアの破壊殲滅以外は日本人反日勢力は対象ではありません。
したがって反日組織や、反日政党、帰化人等の押さえ込みは事実上困難でした。

ところがここで安倍さんにまた神風が吹きます。

「?日韓は紛争関係にあること。よって反日日本人に対する外患罪適用条件が整ったことによる外患罪告発カードのプレゼント」
これは10月25日の時点ではほとんど注目されていなかったと思います。

事実上竹島で紛争状態ではあるものの、それを明らかにして外患罪起訴という作業は反日勢力を結束させるだけで、法の未整備の中とんでもなく高いハードルがあったのです。
「外患誘致罪は売国罪、破廉恥罪だ」「外患罪スタンバイ」参照。


外患罪とは日本人あるいは永住権を持つ外国人が日本人あるいは日本国家に対して犯した犯罪のことです。戦時、紛争時のみに適用されますので、戦時国内法です。

外患誘致罪、外患援助罪、外患予備罪、外患陰謀罪とありますが、いずれもその法意は「日本の国家としての存立を貶め、危うくする行為から日本を守ることを法益とする」というところにあります。

外患誘致罪は死刑のみという日本国憲法では最高刑ですが、その他も重刑です。
まあ売国奴処罰法ですから当然といえば当然ですね。


神風とは、朝日新聞慰安婦問題訂正記事の事案です。

この件は関連事案が多いこと、また関係事案が確定していること、慰安婦問題をはじめとして、数々の特権に群がるほとんどの組織が在日と反日勢力で中国はほとんど関係がないことから韓国事案だけで外患罪を適用することが簡単になりました。

現状でも竹島問題で紛争中であって、起訴は可能ですが、念を入れて、韓国政府に日本領竹島に不法にいる韓国人の即時退去を求めれば、血相を変えてむかってくるので戦時体制の構築は容易です。

反国家行為が全て対象となりますから、現状の日本メディアはすべてが該当します。
政治家もかなりの数が該当します。
外患誘致罪は何人もいませんが援助罪以下は千人規模でいるのです。


安倍さんにとって外患罪カードがいつでも使えるようになったのは大きいですね。
日本人反日勢力をいつでも叩けます。

民主党、共産党、社民党、公明党まで政治家は戦々恐々でしょう。

外患罪は予備罪でも陰謀罪でも起訴されて有罪となれば、一般犯罪とは全く異なり売国罪ですから日本社会では表から抹殺されます。
政治家は政治生命を絶たたれます。


まあ、このカードを使うのは来年秋以降でしょう。


外国人登録法改正で在日一元管理の縛りと不法滞在強制送還のカードを手にし、竹島カード、中立宣言カード、外患罪カードまで手に入れました。
そしてテロ資金凍結法をはじめとする外圧カードです。

やっとここまできたかという感じです。


余命では「安倍イズムシリーズ」「日韓戦争シリーズ」「外患罪関連シリーズ」「2015年は極限値シリーズ」「2015年7月8日シリーズ」「再生大作戦シリーズ」でほとんど流れが理解できると思いますのでご一読下さい。

 
安倍シナリオが見えてきました。

韓国も戦時統制権が返還され米軍が韓国撤退後に何が起こるかが見えてきました。

米に返せと要求した統制権、返すと言ったら延長のお願い、2015年の期限に、またまた延長のお願いです。
韓国政府は日米の韓国切り捨てがはっきりして狼狽しています。
米が延長せずと明言しているにもかかわらず、捏造記事まで流してしがみついていますね。
統制権返還の恐怖を認識しているのは韓国政権の一部と軍の一部だけで韓国国民は捏造教育と情報統制でつんぼ桟敷が実態です。


ところで、先般、警告として読者のみなさんに注意を喚起しました。
日本人には全く関係ありませんが、外国人登録カード切り換え、住民登録はすでに2012年7月9日から始まっています。
2015年7月8日は更新全てのシャッターがおりる期限ということです。


反日メディアは全く報道しませんが、該当在日にはすでに大きな影響がでています。

ある中堅貿易会社に勤務するPさんは在日です。
外国人登録法改正に伴い登録カードに切りかえました。
日本で生まれ育ったPさんは会社でも通名で、在日であることは人事の一部でしか知りませんでした。
その彼に、会社から給与振り込み口座の名義を本名にするよう指示がだされました。
7月1日から外国人の通名、架空口座の開設ができなくなりましたがその対応の一環です。
銀行に手続きに行ったところ、名義は登録カードの記載本名での新規口座開設で先の口座の残金が移動されるだけ。
付随して開設していたローン口座も同じ。
また銀行で他の金融機関のローンやクレジットの使用確認を勧められたのです。
その後、他の金融機関での名義変更、新規証明書提出、その間の新規利用停止等いろいろあって、結局、約1週間で金融関係の名義は全て本名Pに切りかわってしまいました。
会社の保険関係も全て本名になって、健康保険証など自分のものとは思えません。
一番の問題は社員同僚に在日であることがばれたことで、今も通名を使い続けていますが精神的負担は半端ではありません。
というのもこの会社は在日が何人もいるのですが、Pさん以外はみな本名で勤務していたからです。


日本人には常識ですが、銀行をはじめ金融口座情報は全て金融情報センターに、またそれは税務署や地方自治体その他関係省庁にもリンクしていることを彼は知らなかったのでしょうか。

銀行口座が本人名義になって在日発覚という影響の例をもう一つ。


これは先般少しふれておりますが、資格証明書の問題です。
一般的に日本人であれば取得資格の認定や確認にはまず問題はありません。
ところが外国人、特に日本人と比べて区別がつきにくい在日の場合はなりすましの問題が出てきます。

以前は通名の変更は自由にできましたし、住民票の移動について通名がついてくることもありませんでした。
よって資格検定の合格証とか認定証は売買ができたのです。
Hという日本人の認定証を買って住民票の通名をHとすることによってその認定証本人になりすますことが可能だったのです。


またHという名前を使って直接誰かに受験させることもできました。
受験票に写真があっても合格証や認定証には免許関係以外は写真は添付されないからそれも可能でした。

在日の取得している資格や免許には問題が多すぎます。
今後、医師免許をはじめとしていろいろと話題となりそうです。

で、今だに期限が来ているにもかかわらず未更新の在日ですが、行政住民サービスが停止されているようですね。
甘い自治体もあって一律対応ではないようですが、住民票やその他証明書類の発行は期限切れで使えないので不可です。
期限更新の健康保険証は発行不可ないしは人道的見地から本名での期間限定発行としているようです。


このように在日の生活には、すでに大きな影響が出始めています。

お先が真っ暗となっていますので暴発が懸念されますね。

在日の学校施設、暴力団事務所、在日関係者の多いといわれるパチンコとかタクシー会社の近くには近づかないことです。

記事検索
お知らせ
2015/6/17
スマートフォンのデザインを修正しました(タグクラウド削除)。

2015/6/7
全記事アップしました。

2015/6/5
「かず二世」様稿までアップしました。引き続き「三代目」様稿のアップにとりかかります。

2015/6/3
2014年までの記事を全てアップしました。

2015/6/2
テロ法案3点セットの可決成立事案「テロ関係三法+1」までアップしました。

2015/5/30
「かず二世」による「遺稿プロジェクト終了」までアップしました。

2015/5/29
タグは現在150以上ありますが、仕様でサイドメニュー(PC)には最大100個しか表示されません。全記事アップ後にタグ整理いたします。


2015/5/27
初代「かず先生」稿までアップしました。引き続き二代目「かず二世」様稿のアップにとりかかります。今しばらくおまちください。