http://nadesikorin0719.blogspot.jp/2015/08/blog-post_66.html のコピー
前へ  TOP  次へ

もしかして朝鮮戦争再開? 在日韓国人と朝鮮人は戦争になったらどうするのですか?

15-08-15 19:42:00
朝鮮統一のためには多少の犠牲は避けられないかも?
  日本には一切関係のないことなので私たちはテレビ観戦しましょう!

 
 なでしこりんです。日本の戦後のほとんどを自由民主党が政権を担い、日本の平和と繁栄を築いてきたわけですが、最近は、「中国共産党の意向」とやらに踊らされている政党が闊歩していてうんざりしますよね。 「安全保障法制」を勝手に「戦争法案」というレッテルを貼っては、日本ですぐに戦争が始まるような世論操作をする連中の魂胆は何なんでしょう。

                         
                                 
 日本共産党・民青が主導するSEALDs(シールズ)と称する偽装団体の中にはなぜか「在日韓国人」も混ざっているんだとか。在日韓国人は自分の意思で韓国籍を取得した連中ですよ。日本の政治にちょっかいを出すより、朝鮮半島の問題に真剣に取り組むべきじゃないのかな? 朝鮮半島ではマジで戦争が始まりそうじゃないですか!

                          

 中止しなければ「軍事行動」=韓国心理戦に警告―北朝鮮

 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮軍前線司令部は15日、韓国軍が南北軍事境界線付近で再開した放送による心理戦の中止を要求し、「応じなければ、心理戦の手段を焦土化 (破壊)するための軍事行動を全面的に開始する」と警告した。

 司令部は「心理戦放送は、われわれに宣戦布告する直接的な挑発行為だ」と決め付けた。韓国軍は10日、北朝鮮軍の地雷で韓国軍兵士2人が重傷を負った事件を受け、報復措置として、南北軍事境界線付近での拡声器による対北朝鮮放送を再開した。(時事通信)  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150815-00000031-jij-kr

                                    

 韓国軍 の発表によると、南北軍事境界線付近の韓国側に地雷が仕掛けられ、警備中の韓国軍兵士2名が触雷して足を切断する重傷を負ったそうです。残念ながらネット上では、「韓国軍が自分たちが埋めた地雷の場所を忘れた自爆説」の方が有力です。なんでもデタラメな韓国人ですから、こちらの説に信憑性がありそうです。北朝鮮は否定していますが、北朝鮮軍による挑発の可能性もないとは言えませんが・・・。

                    
                 間違いなく視聴率は取れる! 朝鮮通の解説者は引っ張りだこに!

 はっきり していることは、北朝鮮が韓国に侵攻しても日本は一切関係ないということです。少なくとも「日本国憲法第9条」によると,「国の交戦権はこれを認めない」そうですからね。私たち日本国民は朝鮮戦争が再開されても、高校野球を見るように、お茶の間でみかんでも食べながら観戦するのみです。北朝鮮は「反韓教育」をしっかりやっていますから、そりゃ徹底的に暴れるでしょう。私たち日本国民ができることは、在日兵の出兵を生温かく見送ることと、九州や山陰の海岸に密入国してきた韓国人密航者を棒で叩くだけです。韓国には「おぼれる犬は棒で叩け!」ということわざがあるそうですから。

                    

 この際、在日韓国人も在日朝鮮人も「国家の非常事態」ということで緊急帰国するのはどうでしょうか? 在日韓国人1世の多くが韓国を捨てた逃亡者ですよね。ここで在日がそれぞれの祖国の側に立って戦えば「汚名返上」も可能でしょう。在日韓国人は「日本人に成りすます」ような姑息なマネは止めて、韓国人として祖国防衛の任に当たるべきではないですか? 韓国の憲法第39条にはこうあります。「全ての国民は法律が定めるところにより国防の義務を負う 韓国国籍である在日韓国人にも当然、韓国国防の義務があります。 当然知ってますよね?

     
                    実に心強い「空理空論三バカ兄弟」。 朝鮮戦争にはどう対応するのかな?    

 私が 個人的に興味があるのは、「朝鮮戦争が再開されたら日本共産党や民主党はどのような態度を取るのか?」ということ。いくら韓国びいきの共産党や民主党だって、「韓国を助けろ!」なんて言わないでしょうね。菅直人や福島みずほは北朝鮮の応援かな? ここはしっかり「憲法9条」のお題目を朝鮮半島に向けて唱和してほしい。それこそ、空理空論に生きる「真の憲法9条信者」の真骨頂ではないでしょうか? By なでしこりん
前へ  TOP  次へ
前へ  TOP  次へ