http://samurai20.jp/2015/08/shishizanao/ のコピー
前へ  TOP  次へ  

【拡散】安保法案推進デモ・私たちにできること。

202015年8月7日 2:26 AM
国政報告
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

安保法案に賛成する立場の方へ朗報。
「私に何ができるのだろう?」の疑問に答えます。

▼目立つ反対派
反対派に比べ、賛成派はモチベーションが低い。

賛成する層のほうが圧倒的かと思うが、「どうせ60日ルールで通る」と思っているゆえの「嫌な意味での安心」がそこにはある。
慢心と言ってもいいだろう。

 

▼反対派の声ばかりがメディアを賑わす。
「偏向報道の問題」も確かにあるのだが、それのみを口にすれば言い訳にも聞こえるだろう。
認めねばならい事実として「単純に賛成派の動きが鈍い」という点は指摘しておきたい。

 

▼では、何を為すべきか。
モニターの向こうからでいい、できることがある。
本日は「安保法制・賛成派」のデモをお伝えすると共に
「これからのデモ日程」を報告したい。
しかも報道に載った実績がすでにあるデモだ。

距離の問題もあるだろう、行けぬ方がほとんどだろう。
それでいい、そこを無理してくれとは言いません。
だったら「行ける方に伝わるように」拡散のお手伝いをお願いできないだろうか。

関連:
【支援】「戦争反対だから法案賛成」福岡で安保法制支持の街宣
(報道に掲載される上での、保守側のノウハウ不足についても論じています。)

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
OGP(獅子座なお安保法案賛成)

 

 

 

 

安保法案推進派によるデモ
福岡に続き、報道に掲載されております。
是非、その可憐な有志をご覧ください。

凛風やまと・獅子の会

 

1

 

2

 

3

 

4

 

5

 

6

 

7

 

 

 

一度だけ、お会いしたことがあります。

ひどく変な形で会いました。
このエピソードは「書いていい」と本人より許可を得て書いています。

 

イベント告知は関係ないエピソードのため、折り畳んでおきます。
興味のある方のみご覧ください。

反天連デモ編(クリックして下さい!)
舞台は、8月15日を控えた東京
私は、8月15日に靖国に参拝したことがなかった。
喧騒に包まれる靖国を見たくない、政治活動の場として
右派左派の主張の場と化した、あの場を見たくなかったのだ。

初めての、8月15日・靖国。
前入りした東京で、彼女に出会った。

 

反天連との遭遇
正式名称を「反天皇制運動連絡会」という。
いわゆるサヨクとも一線を画す、凄まじい主張を行う団体だ。
陛下の顔写真に、ガイコツの身体を模したプラカード。
こう言えば、どのような団体かわかるだろう。

会いたくもない連中だが、後学のため「どうせなら」と現地に足を運ぶ。
詳しい地名は伏せるが、前日においても彼らのデモはあった。

 

激しいデモ
想像通りの、噂通りのデモであった。
流石に辟易する、これが反天連か、と。
周囲の空気も張り詰める。

異常な空気とはこのことだ。

 

厳しい警備
内容が内容ゆえ、通常のデモよりも厳重な警備。
二重、三重の警官隊。

沿道の空気すらも張り詰めていたのは、
凄まじい数の警官隊のみならず、通行人の中にも相当数の私服警官・公安関係者がいるためだろう。

仕事柄もあるが、なんとなく空気が違う者が多いことに気が付いた。
私の盾となるような形で体を差し込んできてくれる者すらいる。

 

違和感
夜間とは言えここは東京。
普通の通行人も多数が歩いている。
その中には私服警官もいるのだろう、

ただ、前から歩いてくる一人の女性にどことなく違和感を覚えた。
先に答えを書くが、目を背けるでもなく「前を向いている」のだ。

私服と思しき者は、気づかれぬよう反天連のデモ隊を見据え
通行人らは、異常な空気からか目を背ける。
ただ一人だけ、彼女だけが違う場所を見ていた。

この両者とは異なる動きを見せた「普通に見える」女性。
凛とした空気をまとって。

 

一瞬の出来事
二重・三重の警官隊。
デモ警備の中でも最大級、相当に厚い防御網。
ここまでのおぞましい主張だ、衝突も頻発したのだろう。

その際。
一瞬だけ、ほんの一瞬、警官隊に穴があいた。
穴と言っても身体、半分ほどであろうか。

その刹那、警官隊の防御網を突破し、デモ隊に突入した女性がいた。
一瞬の出来事だった。

彼女が凛とした空気で見据えていたのは
警官隊の防御網の穴であったのだ。

 

獅子座なお
通行人に擬態し、警官隊の隙を狙っていたのだろう。
脇に抱えていた小型のハンドスピーカーで何かを叫んでいる。
こんなものまで持ち込んでいたのか。。。

突入のち、瞬間的に取り押さえられ、
危害を加えられぬためだろう、デモ隊の外に運ばれる。

通行人を振る舞っていた姿から、一瞬での突入。
気付いた警官が前を塞ぐが、その脇をすり抜けての防御網突破。
なんとも美しい機動であった。

 

謎の出会い編(クリックして下さい!)
謎の出会い

彼女は、私のことを覚えていなかった。
「そう言えば、そういう変な人が」という記憶なのである。
これには訳がある。
その理由を記そう。

 

名刺がない。
あまり詳しくは書けないが、私も「突入」が疑われた存在である。
すでに議員になっていたこと、翌日の参拝は県議(偉い)と同行予定で、かつ国会議員との会食を控えていた。
そういう方々から「くれぐれも」と、きつく指導を頂いていた。

反転連をウォッチするにあたり、万が一を考え「個人を特定できるもの」をできる限り所持していなかったのだ。
それが反天連を見学に行く条件だったとも言える。

 

わかってもらえない。
当時、すでにチャンネル桜にて出演を済ませており、保守界隈においてはそれなりに有名だったように思う。
名前は「ぎりぎり」わかったようなのだが、証明する手立てがない。

この素早いねぇちゃん、「あんた、何者やねん!」という疑問。
声をかけては見たものの、自らを証明する手段がない。

珍しい物好きの私は、物凄く「素早い人」に興味を覚えたのだ。
話しかけては見たものの、名刺が一枚もない・・・。
わかってもらえない。

 

怪しまれる。
というか、すっごい「逃げられた」のである。
まぁ、私は見た目に怪しい。
特に私服は怪しいことで有名だ。

前述の理由により、私はスーツではなかった。
というか、私服である。
そして、私の私服は極めて怪しい。

 

 

その際の、実際のTシャツがある。

 

オチにあたるため、折り畳んでおく。

 

その際のTシャツ編(クリックして下さい!)

これだ!!!

 

2015-04-28 11.54.19

 

 

 

書いてある文字が見えるでしょうか?

 

拡大してみよう。

 

 

 

2015-04-28 11.54.27

 

 

 

「ゲバラ焼肉のタレ〜革命の味」である。

 

周囲からは、「どこでそんな物を見つけてくるんだ」と、暖かい苦言を多々いただいた。

ゲバラ自体は面白いな、日本におけるファッション左翼とはレベルが違うな、とは思う。

が、私としては「共産主義者を皮肉り、非常にハイセンスなTシャツ」だと思っていたわけだ。

 

怯える獅子座なお編(クリックして下さい!)
目が泳ぐ、獅子座なお
あの分厚い警官隊を突破し、反天連に突入できる女傑ではないか。
そのような「素早い姉ちゃん」が、やや震えて、ひどく怯えている。

あれ?
なんか怪しいものでもありましたっけ?と。

思わず周囲を見渡したわけです、私は。

 

怪しいのは俺だった!
すでに彼女の眼は、不審者を見るそれであった。
先ほどまでは、凛とした空気で警官隊の防御網の穴を探していた、その鋭い目が・・・
いまは怯え、その眼には「早く帰りたい」という色がありありと。

このハイセンスなTシャツがあかんかったんや!
それに気づいたのは、宿泊先のビジネスホテルに戻り、服を着替えていた際である。

その節は、非常に申し訳なかった。
この場を借りてお詫び申し上げます。

 

 

 

安保法案推進デモの告知

そのようなわけで、彼女には非常に申し訳ないことをしたと思う。
ほどなくFB等で連絡をとった際、「あの時は、すまんかった」と伝えたわけですが・・・。
「え?」と記憶を辿っている様子。
そして、その「え?」の意味は、「え?(あの変質者?)」であったように思うのだ。

以上の理由により、デモの告知を行う。
諸事情の政治的な背景により、特に力を入れて拡散せねばならない。
察して頂きたい。
(政治家が述べる「諸事情」とは、守秘義務を要する極めて重要な、シークレットな理由なのである。)

 

 

もうひとつの戦争展 in 関西 パネル展&講演会

戦後70年にあたり、わたしたちの国の歴史を振り返ろう。
学校では教えてくれない、マスコミも報道しない真実の歴史をパネルにしました。

学生さんも夏休みの自由研究にぴったりです。

 

 

パネル展

・日時(パネル展)
平成27年8月9日(日)
時間 10時 〜 18時

・会場(パネル展)
阪南市立文化センター サラダホール 2F展示室
入場無料
(南海本線尾崎駅徒歩5分 阪南市役所併設)

 

西村眞悟先生による講演

・日時(講演会)
平成27年8月9日(日)
開場:18時30分
開演:19時 〜 21時終了

・会場(講演会)
阪南市立文化センター サラダホール・小ホール
入場料 大人1,000円 未成年無料

講師:
西村眞悟(前衆議院議員)

司会:
獅子座なお(凛風やまと・獅子の会副長,社団法人正しい歴史を伝える会理事)

主催・共催団体
もうひとつの戦争展関西実行委員会
凛風やまと・獅子の会

協賛団体
頑張れ日本!全国行動委員会 京都府本部・奈良支部・姫路支部,
救う会 奈良,新聞アイデンティティ,尊皇隊,八重桜の会,そよ風,
やまとの会,新しい歴史教科書をつくる会,住みよい阪南市をつくる会,
社団法人正しい歴史を伝える会

↓詳細は以下より。↓
もうひとつの戦争展 in 関西 パネル展&講演会 開催します!

 

 

 

 

 

安保法制推進側の問題

ここからは普通に真面目に書かかせて頂く。
冒頭にも述べたように、「法案推進側」の動きが悪い。
これは報道側の問題だけではない。
実際、悪いのだ。

その原因として「どうせ60日ルールが」と慢心しているためだろう。
「何かしたい」という思いを持つ者もいると信じるが、「どうしていいかわからない」という状況ではないだろうか。

すでに、獅子座なお周辺の動きは、報道に対して橋頭保を築いている。
言い換えれば「次も報道に載る」可能性が高い。
(このエントリは、報道掲載を確定させる狙いもあって書いているつもりだ。)

であれば、彼女の元に一人でも多くの者が集うことが、
「賛成の意思を示す」大きな手段であることは疑いない。

とは言え、大阪に全員が行けるわけでもない。
大阪にいたとして、どうしてもはずせぬ用事がある者もいるだろう。
無理をしてくれとは言いません。

行けないならば、行ける人に情報が伝わるよう、拡散のお手伝いをお願いしたい。
本エントリが多くのアクセスを集めれば、それは結果的に「報道の露出の可能性」を高めることになるのだから。

すでに、彼女はブラウン管の向こうに立つことに成功している。

ミニ告知
8/7金曜テレビ大阪
17:13?18:00「ニュースリアル」
以前大阪で行った安保法制推進デモを放送予定

 

関連:
【支援】「戦争反対だから法案賛成」福岡で安保法制支持の街宣
(報道に掲載される上での、保守側のノウハウ不足についても論じています。)

 

 

私たちにできることは何か。

 

保守派は、実はリアル活動においてはノウハウが少ない。

 

ネットに長けているのは事実だが、活動量では負けている実態もある。

 

であれば、動ける者を後方支援していくよりない。

 

「たったそれだけ」と思う方もいるだろうが

 

告知がスムーズに行くだけで、現場はとても助かるのだ。

 

「なるほど」と思って頂けた方は、FBでのシェア・Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 

<オマケのコーナー>
本当にどうでもいい豆知識。
「獅子座なお」は聖闘士☆星矢みたいな感じなのか、と聞いてみた。
万が一コラボする場合は、Randomyokoは「乙女座のヨーコ」等になるのかなぁと思ったのだ。

必殺技なんかも考えないといかんな、ペガサス流星拳的な。
夢が広がるなぁと思ったのだ。

そしたら、別に聖闘士☆星矢は関係ないんだってさ。
そうか、そうでしたか。

むしろ必殺仕置人のイメージだそうです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加