http://samurai20.jp/2015/08/cross_the_rubicon/ のコピー
前へ  TOP  次へ  

【告知】大型政策テーマ、起動。ターゲットは「法改正」

202015年8月8日 5:02 PM
国政報告
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

これをブラフととってくれても構わない。
左翼のみならず、保守系の議員すらも驚く大型政策テーマ、ついに起動しました。
全ての資料が完成、あとは事務的な作業を残すばかりです。

【ボーナスステージ突入か?】凄いことを思いついたかも知れない、場合によっては共産党戦線から退く。

【決断】大型政策テーマについて推進を決定(支援のお願い)

手段については、わかる方にはほぼわかっているようですが
テーマについては、「少なくとも」明日まで伏せたいと思います。
のち、状況とタイミングを見つつ、少しずつ出していきます。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
OGP(大型政策テーマ法律の改正)

 

 

 

 

 

明日はよろしくお願いします!

明日が作業日になります。
10人強の方が作業支援に来てくださいます。
心より感謝します。

後援会からのサポート、この人数であれば、
つつがなく作業は進められると思います。

web上には、資料は公開しても構わないのですが
まず「それらの資料」はお手伝いに来てくださった方の「お楽しみ」とさせてください。

 

謝辞
資料作成に完全に特化しておりましたゆえ、ほとんどお礼もお返事も目を通せておりません。
業務メールのような形になってしまったこと、お詫びいたします。

また、切手を寄附したいとの意見もあり法的にどうかを調査しておりましたが
恐らく切手は換金可能な有価証券(?)みたいな扱いになると思われ、頂くことは難しいと思います。
(まだ調査中です。)

有り難い申し出でありましたが、難しいようです。
お返事が遅れてしまい申し訳ありません。

 

 

 

想定規模

ある先生には、狙う敷居が高すぎて絶句されてしまいました。
制度上、仕組みの上では「できる」のですが、実態としては形骸化しているとも言える制度であり、そこを真正面からぶつかります。

この仕組みを本気で運用する(しかもここまで大型なものは、保守では)恐らく初めての事例ではないか?とのことです。

絶句のち、爆笑しておました。
心からの、久々にここまで笑った、確かにそれは通るかもしれない、と。
凄いこと、思いつくな、と。

行政に携わる者であれば、誰しもが普通に知っている制度です。
極めてオーソドックスな仕組み、議員であれば知らぬ方のほうが少ないようなものです。

 

 

ターゲットは、法改正。

 

与党の国会議員ですら難航するレベルを

 

厳しいことは把握した上で、挑戦します。

 

 

勝算は、高くはありませんが、

 

「ある」というのが、私を含む大方の認識です。

 

 

 

 

憲政史上に例がない。

同制度を用いた、この形での行政への働きかけは、
保守側からは初めてのことであり、ここまでの大規模運用となると
仮に法改正まで辿り着いた場合、規模としては「憲政史上に例がない」そうです。

小型のものはありましたが、狙っている法が凄まじく広範囲にわたるものなのです。

 

 

 

サヨクの皆様へ

警戒して頂いても構いません。
私は、それを易々と突破してみせるでしょう。

とは言え、安保法制に特化しすぎた状態で
かつ原発と沖縄にも戦力を分散。
私に割くリソースはあるのでしょうか。

そして、突破できるだけのものを
私は準備し終えました。

近日中の公開をお楽しみに。
反撃、反論の準備だけでもかなり大変かと思います。

無駄な負荷を割くぐらいであれば
(潰すことが不可能と判断した場合は)スルーして頂くのも一つの道であるとお伝えしておきます。

 

 

 

想定する効果

物を見ないとわからないとは思いますが「空気」が変わることが最大の効果ではないでしょうか。
法改正がならずとも、少なくとも「ある場所の空気」が大きく変わります。

これは、サヨクにとって死活問題となるでしょう。
なぜそうなるかは、公開してのちのお楽しみとさせてください。

また、「本筋から言えば左翼は関係ない」内容です。
相当な打撃を被る結果となるでしょうが、反対するようなテーマではないのです。

そして、一気に射線を切り換えます。
かつ、ネット保守の方々が苦々しく思っている「ある新自由主義的な政策」根幹から、構図ごと葬るような内容です。

ここまで上手く行くかはわかりませんが、狙いは「相当に敷居が高い」ことだけは述べさせてください。
私も自信はないのですが、やってやれないことはない、また「やらないわけにはいかない」政策です。

それは保守だから等を理由とするものではなく
一人の地方議員として目を背けることができなかったテーマだからです。

 

 

 

安保法制は、皆様に任せます。

web上の皆様、そして各地の草莽の保守の皆様。
私は、安保法制の戦線からは事実上、退きます。
遊撃隊として側面を突く。

現在、前線に出ている彼女たちを是非、支えてあげてください。

【支援】「戦争反対だから法案賛成」福岡で安保法制支持の街宣

【拡散】安保法案推進デモ・私たちにできること。

 

 

 

資料規模

概算ではありますし、コスト節減のため両面で作っているものもありますが、、、
また今になって誤字を発見した個所もあり少し恥ずかしいのですが、、、
以下のような構成となっております。

表紙・概要   1頁
依頼文     3頁
○○資料    4頁
関連資料目次 1頁
関連資料(い)10頁
関連資料(ろ) 4頁
関連資料(は) 4頁
関連資料(に) 8頁
(いずれは全公開したいと思います。)

 

「様々な対応」が必要な状態が継続しておりましたので
バックグラウンドでこれだけの枚数を処理していくのは、相当にこたえました。
負荷を割くため、わざとなのかな?とすら思ったほどです。

しかし、完成させることができました。
狙う規模が規模であります、これだけのものが必要でありました。

無事になんとか完成させることができ、本当に一安心。
あとは私の財政が持つかどうかですが、これもギリギリなんとかなりそうです。

皆様のおかげで昨年とは異なり、カードが停まったりはしないと思います。
貯金も含め、私費は全額投資しました。
完全にゼロ円です。

 

関連
【決断】大型政策テーマについて推進を決定(支援のお願い)

【ボーナスステージ突入か?】凄いことを思いついたかも知れない、場合によっては共産党戦線から退く。

 

 

 

地方議員として、地方議会に属する者として

 

イデオロギーに拠らず、当然のことを

 

正々堂々となす。

 

地方議員としてのプライド、在るべき後姿を示してみたい。

 

ワクワクしてきた方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

牽制の意味もありますので。。。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

このエントリーをはてなブックマークに追加