http://samurai20.jp/2015/08/relateddocuments1/ のコピー
前へ  TOP  次へ  

【拡散】漫画でわかる外国人特権〜税金がゼロになる仕組み

202015年8月10日 9:51 PM
国政報告
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

「外国人の税金が安い」とか「ゼロになる」という噂は絶えない。
しかしそれが公的に証明された例は、ほぼない。
かつ議員が発言したことは事実上ないように思う。

そこで、私が本件に対し、明言したいと思う。
そのような制度、仕組みは「実在」する。

本制度の問題点をわかりやすく漫画にしてみました。
以前、webにも公開したものでありますが、
「全国の自治体」に関連資料として発送を済ませたためここに公開する。

当然、再掲には意味がある。
後述したい。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
OGP(大型政策テーマ漫画

 

 

0

 

 

1

 

 

2

 

 

3

 

 

4

 

 

5

 

 

6

 

 

7

 

 

8

 

 

9

 

 

10

 

 



 

上記の漫画を裏付けるための補足資料はこちらです。
是非、併せてお読みください。

 

 

 

皆様へ
多くの地方議員が手に取るものである、という点を強調したい。
そしてこれは「紙」でやった。

紙は高い 〜 コスト
確かに紙は高い。
印刷費もかかるし、紙代もかかる。
封入作業だって膨大な事務負荷が必要だ。

しかし、ネットでは勝てぬ優位性がある。

 

紙の優位性 〜 たとえ私を殺しても。
web上の「データ」ではなく、本漫画は「印刷して紙で送った」のだ。
サーバーをF5で落とそうが、仮に私を殺そうが、
行政書式に則って発送されてしまった以上、
誰も止めることはできない。

※ 逆に言えば、発送前に「テーマを伏せていた」理由でもあります。
正式な行政フローを踏む以上、「発送さえ済ませれば」安全が確保されます。
発送前には公開できませんでした。

 

紙の世界の住人 〜
本漫画は「ある行政手段」の関連資料の一つに過ぎない。
正式な行政手段は、それぞれのルールに基づき適切に処理される。

私は、紙の世界の住人だ。
議員がそうであるのみならず、元々がロビイストとして活動してきた。

 

 

 

皆様へのお願い
再掲した理由になる。
盆過ぎには、各議会に届き始める。
審議は、多くが9月議会(定例)となるだろう。

本書を受け取った議員たちは、資料に基づき検索するだろう。
相当数がこのページに辿り着く。

数の力で世論を示す。
SSL化したため、URLが変更。
http「s」とsが追加され、結果としてRTの数、FBのイイネの数がリセットされてしまった。

ソーシャルのアクセス数を、全国の地方議員に示したい。
凄まじいまでの数が必要だ、あればあるほど効果が期待できる。
国民が「この問題を確かに把握」しており、「問題意識をもっている」ことを伝えるために。

 

コメントで声を伝えよう。
思いをそのまま述べて頂きたい。
web上のどこに書こうとも、それが議員の目に触れることは少ない。

しかし本ページは別だ、多くの議員が直接、閲覧する。
にちゃんよりも、ネットニュースよりも、yahooよりも、だ。
そこで皆様の意見を直接、ぶつけて頂きたい。

 

議員の数と、閲覧層の質。
1741市区町村議会 + 47都道府県議会。
総計1788議会に所属する議員、仮に平均15名が定数として2万6千強。
全ての議員に本書が届けられるかはわからないが、本会議資料または委員会資料となる議会は半数を超えるだろう。

本会議配布となれば、全ての議員が。
委員会配布でも1/3〜1/4の議員が目にすることとなる。
なぜかと言えば、検索して頂けるよう、「そのために」資料の欄外にクエリワードを指定しているからです。

少なく見積もっても数千名の議員が、本ページに辿り着くだろう。
多ければ、一万人近い議員が目にすることになる。

 

これはお礼であり、切符でもある。
ネットのどこかに書いた思いは、場合によっては「届くこと」もある。
とは言え、確率論的にはほぼゼロである。

しかし、このエントリ、今後アップしていく送付済資料は
少なくとも数千の議員が閲覧することになる。

これは支えてくださった皆様、読者の皆様
そしてネット保守層全体への私からのプレゼントだ。

お礼でもあり、切符でもある。
有効活用して頂きたい。

※ 特記
ネット慣れしていない先生も多々おられると思う。
話を発散させたくありません。

「本件」に対してのコメントを主としてください。
別件を多数書き込まれた場合は、コメントを承認せず、「削除」します。(少しなら可)
本件に関連するものであれば、左巻きからのコメントも基本的に承認します。(暴言不可)

特例)
本ブログの常連コメント主・作業を手伝ってくださった方に関しては、無制限に好きなことを書くことを許可します。
それぐらいはサービスしたいので、言いたいこと、伝えたいテーマがあれば遠慮せずに書いてください。

 

 

 

為すべきこと。
ここから先は、為すべきことを伝えたい。
一つには「拡散」が挙げられます、もっと言えば「ソーシャルの数」を稼ぐこと。
議員の先生たちが訪問し始める九月までに、驚くほどのイイネとRTの数を叩き出しておきたい。

ふたつ目は、コメント。
今後、送付済の資料を多数アップしていく。
別件の時事も触れたいため、隔日アップを予定。
それらはリンク集としてまとめたく思う。
ソーシャルの数とあわせ、それぞれのエントリに「皆様の届けたい思い」を記して頂きたい。
(テーマの範囲内で。)

この2つは、「私の選挙区の人もいるかも知れないので反対しにくい・・・」というプレッシャーに感じる議員もいるだろうし
「うちの選挙区の人もいるかもしれないから、是非とも通そう!」というエールに感じる議員もいると思う。
ゆえに1、2双方が必要です。

にちゃんにスレを建てれる人は、スレ立てをお願いします。
各まとめサイト管理人様におかれましては、再度のまとめをお願いします。
上記の、私のだらだらした言葉は削除しても可。(画像については全てアップを。)

本書は、本制度のために制作された漫画であり、著作権の使用権は私が所持する。
本書における画像の全てについて、著作権を放棄、転載を許可する。
続報は今後も継続していくため、リンクのみ必須とさせてください。

 

さて。

早速でありますが、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

撃ち方、はじめっ!

 

続編)
この漫画は関連資料の@になります。
続編となる「関連資料のA」は、やっぱりあった「外国人への税制優遇」調査対象の約7割が無税になります。

 

関連スレ
東ア・ニュー速おーぷん
【小坪しんやのHP】「ソーシャルのアクセス数を、全国の地方議員に示したい。」漫画でわかる外国人特権〜税金がゼロになる仕組みを再掲 [H27/8/10]
勢いが弱いので、協力よろしくお願いします。
(まとめサイトに掲載されるかも??)

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

問題は、サーバーがアクセス負荷に耐えれるか、ですね。
コメント機能等、エラーが出たらごめんなさい。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加