http://samurai20.jp/2015/08/loopy/ のコピー
前へ  TOP  次へ  

【許せないと思ったらシェア】ひざまずいて謝罪 韓国で鳩山元首相

202015年8月12日 7:59 PM
国政報告
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

これを「元総理」という立場で、日本国の代表であった者として、
行われてしまった事実のみ、認識して頂きたい。

外国人の扶養控除の件ばかりで、時事については触れてこなかった。
しかし、本件は流石に思うところがある。

※ 外国人の扶養控除の件
これは外国人の税制優遇は「やっぱりあった」というもので、国の調査において「調査対象のうち約7割が無税」という深刻なものである。
外国人を含む世帯には事実上、課税を免れぬ仕組みがあった、というもの。
導入用の漫画版と、議員として商用誌に寄稿した原稿の二点を公開済み。

よければ、せめて漫画版だけでも見て頂きたい。
コメント欄も含めて。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
11847499_892410234163195_990691673_o

 

 

 

 

報道を見てみよう。

多くは、語らない。
・・・語れない。

 

ひざまずいて謝罪 韓国で鳩山元首相

2015.8.12 16:24
 【ソウル=名村隆寛】韓国を訪問中の鳩山由紀夫元首相は12日、ソウル市内にある西大門刑務所の跡地(西大門刑務所歴史館)を訪問した。同刑務所は、日本の朝鮮半島統治時代に独立活動家らが収監されていた場所で、韓国では“抗日”の象徴。現在は独立活動家らの「苦難の歴史」が、写真や資料で館内に展示されている。

 30分あまりにわたって館内を見学した鳩山氏は、独立活動家らをしのぶモニュメントに献花した。さらに、鳩山氏は靴を脱ぎ、膝を屈したうえ、モニュメントに向かって手を合わせ、ぬかずいた。

 この後、記者会見した鳩山氏は、「元日本の総理として、ひとりの日本人、人間としてここに来ました」と述べた。その上で、「日本が貴国(韓国)を植民統治していた時代に、独立運動家らをここに収容し、拷問というひどい刑を与え命を奪ったことを聞き、心から申し訳なく思っている。心から申し訳なく、おわびの気持ちをささげていきたい」と謝罪の言葉を繰り返した。

http://www.sankei.com/world/news/150812/wor1508120035-n1.html

 

 

 

画像を見てみたい。

多くは、語らない。
・・・語れない。

これを「元総理」という立場で、
日本国の代表であった者として、
行われてしまった事実のみ、認識して頂きたい。。。

 

 

1

 

 

2

 

 

3

 

 

4

 

 

 

思うこと。

何点か、ある。
政治家として発言して良い領分を簡単に踏み越えてしまいそうなので、
抑えて抑えて、端的に短く述べたい。

 

なんてことをしてくれたんだ。
ややもすれば、「殺したい」等の発言をする者も出てこよう。
賛同することはできないが、気持ちはわかるとも言えないが、
そういう反応が出ても仕方ないだろう、とは言わせて頂く。

 

誤ったメッセージ
日本においては「謝ったら許す」であるが
韓国においては「誤ったらタカル」である。

歴史がそれを証明しているではないか。
古い歴史ではない、近現代史がそれを如実に、
いや、まさに私たちが生きている今も、繰り返されているではないか。

 

先方はさらに勢いづくだろう。
それこそが「元総理」という立場であり、
日本国の代表であった者としての重みである。

認めたくはないだろうが、
「我々の」「我が国の」トップであった者として
見ようによっては「国として」土下座したのだから。

 

多くは語れないとしたのは、他者の政治活動に対し、
それを禁じ、制限することは、憲法上、認められないと考えたためだ。

話題となった「SEALDs の皆さんへ」においても、徹頭徹尾、守っている。

それが敵対陣営であれ、何人たりとも制限されるべきではない、と。
鳩山(元)総理であったとしても、だ。
皆様は好きにすればいいが、私はそれをしたくない。
私なりのプライドでもある。

同じく、私にも好きに考え、好きに発信する自由が保障されている。
この侵害は許さない。護憲派は、憲法を守れと言いたい。

「他者の政治活動」に対し、控えめでありたいとは思うものの。
私にも認められている「好きに思い、好きに発信する」権利において、
少しは述べさせて頂く。怒りを込めて。

 

 

 

選挙は大事

怒り狂う者も多数いるだろう。
これは非常に重たいことなのだ。

それこそが「元総理」という立場であり、
日本国の代表であった者としての重みである。

認めたくはないだろうが、
「我々の」「我が国の」トップであった者として
見ようによっては「国として」土下座したのだから。

 

 

しかし、怒るだけで良いのだろうか。
元総理という肩書は、そしてそれが重みを持つのは
正しく民意を付託され、選挙を経てこの場にあがった経緯があるためだ。

事実として、貴方を含む、そして私を含む、
日本国民の代表であった、我が国の代表であったのは、、、
選挙を経て示された民意ゆえである。

 

偏向報道もあったろう、

左派勢力の暗躍もあったのだろう、

しかし、選んだのは国民であり有権者だ。

 

本件は、禍根を残す可能性がある。

将来において、禍根を残してしまうのだろう。

韓国は、これを「歴史の1ページ」として刻むのだろう。

 

私たちは、怒るだけでいいのか。

鳩山由紀夫(元)総理は、韓国に謝罪したが

私は、将来の日本人に、投票用紙すら持たなかった若者たちにこそ

この場を借りて謝罪したいと思う。

 

 

村山談話を始めとする左派政権のもたらす禍根、

もう二度とこのようなことは繰り返さぬよう、

危険性について説いていくと共に、

実効性ある政治活動を通して、我が身を前線に置きたいと考える。

 

訂正:本文において「元首」という表記がありましたが、日本の元首は天皇陛下です。
「元首相」という言葉を多用しているうち、怒りの余りあってはならないミスをしてしまいました。
現在は「すべて代表」という言葉に改めております。

 

 

将来の日本人よ、あの時、民主党政権を誕生させてしまって申し訳ない。

左派政権の台頭を許し、心からお詫びしたい。

同じ過ちは二度と繰り返さぬよう、誓いを新たにしっかりと一歩を。

賛同してくださる方は、そして本件が許せないと思った方は

FBでのシェア・Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 

以下も併せてお読みください。

 



 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加