404 :フィボナッチ:2016/06/27(月) 23:36:32.26 ID:yLU2nRL+0
先ず、未来人を始めるに当たって最初に設定すべき重要事項から始めよう。


アイデアは何パターンもあるので一番やりやすい方法を今回は紹介する。


■世界の解釈の仕方
@エヴェレットの多世界解釈は採用しない。
■親殺しのパラドックスについて
@イゴール・ノヴィコフの首尾一貫の原則を採用する。
■過去へのタイムトラベルについて
@人体のタイムトラベルは不能とする


先ずは上記の設定で話を構築していく。


【理由】
エヴェレットの多世界解釈を採用すると、時間線=宇宙が数限りなく分岐してしまい、宇宙と宇宙を移動するという難題を突っこまれ論理破綻してしまうから。


M理論と言われる最も神の数式に近い理論で複数のブレーンワールドあると予言されているが、膜宇宙間を移動する事は想定されていないし、無理で有る。


よって思い切って多世界解釈もブレーンワールドも捨て去る。シンプルイズベスト。