533 :本当にあった怖い名無し:2016/07/17(日) 14:27:31.17 ID:Z9nAY15c0
ドイチュ様、低脳どものあいてをいちいちする必要はないと思います。
既にあなが回答済みの質問をロクに調べもせず無駄な質問でレスを増やしてる人間が多すぎます。
自分の知識のなさを自覚できないのに他人に無駄な知識をひけらかしたがる人間の愚かさに僕は街にでて理解しました。


僕は2013年よりあなたのスレを何度も読み返しましたが、
どうもこれはロジャーペンローズの量子脳理論がアセンション、人の意識を妥当に説明しているのだと思います。
その根拠は2つあり、


1.タイムトラベルには重力子の散逸性が突破口であるというあなたのレスと、
別次元に重力子のみが散逸しておりそれを構成するさらに小さな粒子を通じて宇宙の意識にアクセスというレス、
同じ境界線をみつめることより対話が可能になるというレスから、
アセンションとは、人間の意識の次元を重力子を介して高次元に飛ばす作業であると考えられること。


2.全てのものに意識があり、地球にも意識があり、アセンションを果たすことで地球意識と対話できるというレスから、


全ての物質に量子的なプロセスから意識が生まれ、
その意識というものが、5次元以上のものであるのだと推察できます。


以上2つは明らかにペンローズの量子脳理論と一致しています。


ということは、彼が「人間の心臓が止まれば、意識は脳から出る」と主張するように、
心臓を止めることがアセンションを果たす条件の一つなのではと考えました。
さらに、アセンションを果たしたばかりではたいていリテラシースキルがなく混乱するとのレスも考慮して、
アセンションを果たすトレーニングは、
1.心臓を自由に止められるようになること
2.圧倒的情報量にも冷静に対処できる強靭な精神力の涵養


なのではないのかと考えました。
これに至る具体的なトレーニング方法は人それぞれの体質や脳に適したものがあるとも十分とれるので、そうなのではと仮説を立てました。
これは妥当でしょうか。