http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12182025028.html ‚̃Rƒs[
‘O‚ց@@TOP@@ŽŸ‚ց@@

20
THAAD反対対策委員会8人、現地人は2人のみ <>16-07-19 09:40:36<>不思議の国のアリラン<>23<>17-09-10 10:11:47<>

 

 

 

昨日も書きましたが、「外部勢力」の件です。

 

 

昨日、韓国国会に「THAAD反対対策委員会」という組織8人が野党側の指導部と会って、4時間もTHAAD配置を止めてくれと要求しました。

 

「チャンネルA」というケーブルテレビ局のニュースで、8人のうち郡議員でもあるノ氏は「5万人の星州(ソンジュ)郡民は一つになって団結し、配置撤回まで闘争することを誓います」と話しました。

 

 

・・・・ですが、その8人のうち、郡議員と農民会長を除いた6人は、星州とは関係のない「外部」の人たち。

 

狂牛病デモ、デチュリ事態(2006年平沢の米軍基地移転問題で起きたデチュリ地域住民と軍警との流血事態)に参加したプロの「デモ屋」たちも含まれていました。

 

 

 

http://media.daum.net/society/clusterview?newsId=20160719081007099&amp;clusterId=2022053

 

 

 

 

 

面白いのは、「意を共にした」と言って外部から参加したことを初めから明らかにすればいいものを、そんなことはしないんですよね。この手の人たちは。

 

 

なぜなら、彼らは「なぜ戦うのか」を明らかにできない人たちだからです。「世の中嫌いだ(^q^)」とか「この国を潰したい(^q^)」と明らかにすれば、立場がおかしくなるだけですから。

 

目的があるとすれば、「戦う」が目的です。「なぜ戦うか」ではなく、「戦うために『なぜ』という適当な名分が必要」なだけ。

 

 

戦うための名分があればいい。それが何なのかなどどうでもいい。だから様々な理由で戦いに参加します。彼らにとって、本当は狂牛病や米軍基地移転による現地民の悩みなど、どうでもいいことです。

 

 

 

そんなやつらと手を組んでも、現地の人たちにいいことは何もないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ã²ã¾ã‚ã‚Šã‚·ãƒ³ã‚·ã‚¢ãƒªãƒ¼5冊目、「韓国人による噓韓論」が発売中です!ひまわり

 

 

次の本は9月の予定です!期待してお待ち下さい(・∀・)

 

もう少しで紹介できますー

 

もう少しーもう少しーもう少しーもう少しーもう少しーもう少しーもう少しーもう少しー

 

 

 

おかげさまで、重刷が決まりました!

 


韓国人による噓韓論(アマゾンリンクですのでご注意ください)

 

韓国人による噓韓論(楽天ブックスリンクですのでご注意ください)

 

韓国人による噓韓論 ï¼ˆç´€ä¼Šå›½å±‹ãƒªãƒ³ã‚¯ã§ã™ã®ã§ã”注意ください)

 

 

 

 

 

 

 

晴れ ãƒ–ログ関連のお知らせ æ™´ã‚Œ

 

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

・なんでもご自由にどうぞ~ é›‘談エントリーは7まで来ました。

 

・議論ルーム(01~03) ãŒå‡ºæ¥ã¾ã—た。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

 

 

 

 

ƒRƒƒ“ƒg
‘O‚ց@@TOP@@ŽŸ‚ց@@
‘O‚ց@@TOP@@ŽŸ‚ց@@
()ˆÈ—ˆ‚Ì