http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12182448499.html ‚̃Rƒs[
‘O‚ց@@TOP@@ŽŸ‚ց@@

20
高宗の逃げ道を復元 <>16-07-20 16:17:27<>隣の国の無理っす<>44<>17-10-05 14:57:55<>

 

俄館播遷(露館播遷)。1896年に高宗がロシア公使館に逃げ込んだことです。

 

高宗は1863年にすでに朝鮮の王でした。そんな彼が他国の公使館で国の執務を行なっていたことは、事実上、「朝鮮はロシアの属国です」という意味でしかありません。

 

 

その際、高宗が(1896年当事の)歩いた道を「復元、保存する」という記事がありました。

 

 

率直に言って、「あれ?」と思いました。

 

あれは韓国人の体面とかプライドとかそういう側面から見ても、明らかに「恥ずかしい」歴史でしかありません。

 

それをわざわざ復元するとは、ちょっと意外だったからです。いや、別にやめろとは言いませんが。

 

 

 

しかも(その1)、当事高宗が道が、今は米大使館邸の一部になっており、わざわざフェンスを使ってその道の部分を「隔離」して実現することになった、と(大使館側は了解済み)・・・

 

しかも(その2)、旧ロシア公使館まで復元する大々的なプロジェクトだそうです。

 

 

 

そこまでやる理由は何でしょうか?

 

 

文化日報はこう報じています。

 

<朝鮮時代末期の骨まで染みこむ痛みの歴史を持つ「高宗の道」が復元される。高宗の道は1896年の日本の監視を避けてロシア公使館に居処を移した事件である「俄館播遷」当時、高宗が密かに移動した経路であると推定される・・>

 

http://media.daum.net/culture/others/newsview?newsid=20160720104017322

 

マネーウィークはこう報じています。

 

<外勢に抗い、自生的な近代国家を追求した高宗の生涯を幅広く調べることができる歴史教育資料になるだろう>

 

http://media.daum.net/economic/clusterview?newsId=20160720113245647&amp;clusterId=2024498

 

 

 

 

 

繰り返しになりますが、別に「やめるべきだ」とは思っていません。そんなことがあんなことになってでこんなことがありました、と記録するのはいいことです。

 

 

でも、早くも報道内容がこれでは・・・・

 

後に高宗が大韓帝国を名乗った時、彼は「君主制」を強調しました。皇帝の権限をさらにきょうかするというものでした。それは、近代国家とは言えないものであり、国の結末もそうでした。

 

本当に「痛い」のは、朝鮮(後の大韓帝国)のそういう歴史そのものだと思いますが・・・

 

 

 

まだ復元は始まってもいませんが、予言しておきましょうか。

 

高宗の道の復元は、明らかに「加害者日本、被害者朝鮮」を狙ってのものでしょう。

 

私たちはこんなにかわいそうな歴史を辿りました!日本のせいです!と・・・

 

 

 

 

 

被害者意識のもっとも見苦しいことは、なんでしょうか?

 

いろいろあると思いますが、私は「恥を感じないこと」だと思います。

 

 

まるで、酒の飲み過ぎで完全に酔った人みたいに、恥をまったく感じなくなります。私は被害者だ。ほら可哀想だろう?いま可哀想だと思ったでしょう?

 

 

 

恥を感じないと、反省はありません。恥を忘れた民族に、未来はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ã²ã¾ã‚ã‚Šã‚·ãƒ³ã‚·ã‚¢ãƒªãƒ¼5冊目、「韓国人による噓韓論」が発売中です!ひまわり

 

 

次の本は9月の予定です!期待してお待ち下さい(・∀・)

 

もう少しで紹介できますー

 

もう少しーもう少しーもう少しーもう少しーもう少しーもう少しーもう少しーもう少しー

 

 

 

おかげさまで、重刷が決まりました!

 


韓国人による噓韓論(アマゾンリンクですのでご注意ください)

 

韓国人による噓韓論(楽天ブックスリンクですのでご注意ください)

 

韓国人による噓韓論 ï¼ˆç´€ä¼Šå›½å±‹ãƒªãƒ³ã‚¯ã§ã™ã®ã§ã”注意ください)

 

 

 

 

 

 

 

晴れ ãƒ–ログ関連のお知らせ æ™´ã‚Œ

 

・IPが表示されない機器(IPアドレスが設定されていない一部の携帯など)からのコメントはできません。

 

・ただいま、メッセージ機能は停止中です、また、読者登録は遠慮いたしております。

 

・他の人が書いたものを引用(コピペとか)してくる場合は、例え2chだろうとどこだろうと、「~からの転載、~からの引用(出来ればURL)」と明記してください。よろしくお願いします。

 

・なんでもご自由にどうぞ~ é›‘談エントリーは7まで来ました。

 

・議論ルーム(01~03) ãŒå‡ºæ¥ã¾ã—た。長くなりそうな話し合いは議論ルームを利用してください

 

 

 

 

 

ƒRƒƒ“ƒg
‘O‚ց@@TOP@@ŽŸ‚ց@@
‘O‚ց@@TOP@@ŽŸ‚ց@@
()ˆÈ—ˆ‚Ì